テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【風の流れ】

トランプ候補が善戦するワケ(11月9日)
9日は日本でも早朝から米国大統領選挙についてのテレビ報道が多い。
中でも、NHKは、総合放送とBS放送の両方の電波で、報じている。

特にNHKBS1では、朝9時から午後3時半ごろまで、途中ニュースが入る他は、ぶっ通しで放送するようだ。

選挙結果については、午前11時半ごろまでは、クリントンとトランプ両候補が、ほぼ拮抗して戦っていると言っても良い状況だ。
これから、スイングステートと呼ばれる、注目の12州の開票結果が出そろってくると、いよいよ大統領が決定される瞬間が間近になってくる。...
全部読む

ロシアとの付き合い方(11月8日)
今、安倍首相はロシアとの外交に積極的だが、米国との関係を考えた場合に、安全保障上はこれまで通りに進んでいくのだろうかと疑問を感じないでもない。
戦後70年も経過しているのに、未だにロシアと平和条約一つ締結していないという状況は、異常だといういうことだが、韓国と北朝鮮は未だに休戦状態にあり、米国と北朝鮮の間も同様の状態である。

ある意味では、米ロが対抗する世界秩序の中では、日本は米国側に付かざるを得ないのではないだろうか。...
全部読む
日ロ首脳会談 12月15日に山口・長門市開催で合意(16/09/03)(再生)

パリ協定発効・・・日本遅れる(11月4日)
「パリ協定の早期発効は、気候変動対策に世界全体が取り組むことを示すシグナルになる」との共同声明を国連気候変動枠組み条約事務局のエスピノーザ事務局長などは4日発表した。

パリ協定は、以前の温暖化対策である「京都議定書」とは異なり、先進国だけではなく、途上国にも対策を義務付けたところが画期的である。
又協定では、国家だけではなく、企業や自治体などの取り組みも重要と謳われている。

協定の詳細なルールは、モロッコのマラケッシュで7日から開かれるCOP22で議論される。...
全部読む
How is China tackling climate change?(再生)

小池旋風と今後(11月2日)
振り返ってみれば、東京都知事に立候補する前から、「小池旋風」が吹き始めていたと言っても良い。
都知事になると、まず最初に11月7日予定の「豊洲市場」の開場を立ち止まって考えるとし、一時ストップをかけた。
その直後に、盛り土がされている構造部分が、実は地下空間になっていることが判明し、問題が大きくなり急展開した。

更に、オリンピック・パラリンピック会場の建設コストがかかり過ぎ、総額で3兆円を超える予算に膨れ上がると問題を提起し、加えて「このオリンピックは復興五輪ではなかったのか」と疑義を唱え、会場も含めて再検討する方針を明らかにした。...
全部読む
IOCに「都が仮設負担」 五輪整備費、小池氏が訂正(再生)

クリントン、朴、習、ドゥテルテ、プーチン各国中心人物に赤信号灯る (11月1日)
FBIによるクリントン氏に対する捜査再開は、米国大統領選挙1週間前という段階になって、大きな衝撃を与えている。
このことにより、クリントン氏とトランプ氏の各種世論調査では支持率が、ほぼ拮抗する数字をはじき出している。
楽勝ムードだった、クリントン氏を再び窮地へと追い詰めて、大統領選挙の結果は、分からなくなった。

一方、韓国の朴大統領も友人女性が、国政に介入した疑惑で会社経営者「崔順実」容疑者が検察に緊急逮捕され、私人の国政介入を許したことで窮地に追い込まれている。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
5152 53 54 55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.