テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【風の流れ】

ボルトも舌を巻く・400mリレー勝利の法則(8月22日)
短距離の第一人者・ウサイン・ボルトも「凄いチームプレー」だと舌を巻く日本人4人のリレー走者、10秒を切れない4人が緻密なバトンリレーを果たし、400mで37秒60という記録で、銀メダルを獲得した。画期的出来事である。数字から見ると4人のうち誰かが10秒を切ったと見ることもできるほどのマジックを感じる出来事だった。
バトンパスの位置をセンチメーター単位の精密さで測り、そこにテープを張ってレースに臨み成功させたのだ。...
全部読む
【NHKリオ】ノーカットで400mリレー決勝! アジアの短距離史上 最速の走り(再生)

スーチー氏、中国訪れる(8月18日)
17日、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が中国公式訪問を開始した。ASEAN域外では、就任後初めての訪問になる。
スー・チー氏はヤンゴンから昆明を経由し、17日北京に入った。

5日間の訪中で、習近平国家主席らと、主に経済協力を中心に会談する予定になっている。
これまで、スー・チー氏は民主主義を標榜し、国民の融合に向けた動きで、欧米の支援を得てきた。

4月に新政権になり、事実上の最高指導者に就任してから、外交方針を全方位に転換し、特定の国に偏らない方針を表明したスー・チー氏ではあるが、
今回は欧米や日本よりも先に中国を訪問する。...
全部読む
Aung San Suu Kyi en visite officielle e(再生)

G20に向けた中国の狙い(8月17日)
7月下旬に成都(四川省)で開かれた、主要20ヵ国・地域財務相・中央銀行総裁会議に続いて、いよいよ杭州(浙江省)で9月4~5日、主要20ヵ国・地域首脳会議(G20サミット)が開催される。

中国としては、何としてもこの国際会議を成功させ、国際社会に大国としての実力・信頼性をアピールする必要があり、日米等との緊張を可能な限り高めないよう注意を払っている面も見受けられる。

今回のG20サミットでは、“革新、活力、連動を駆使して世界経済の発展”をテーマとして討議を予定していると伝えられている。...
全部読む
G20サミット、各国首脳がパリ襲撃の被害者に黙とう G20 leaders h(再生)

新風を感じさせるノーベル賞受賞者・大村智氏(8月16日)
8月の1か月間、日経新聞の「私の履歴書」で執筆されている大村智氏の生き様は、実に興味深く感じる。

特に、16日の内容は米国での研究生活から、日本での研究生活に戻る場面であり、特に当時米国トップの製薬会社と共同研究の契約をするくだりで、その方向性を定め、契約書を自ら相手先と一生懸命に詰め、占有実施権やロイヤリティ等を決めた過程は、その後の日本での研究費の捻出への執念と日本での研究のレベルアップに対する強い情熱を感じさせた。...
全部読む
大村智氏にノーベル賞 北里大、医学生理学(再生)

沖ノ鳥島におけるEEZの扱い(8月12日)
9日の日経新聞夕刊に、漆間巌氏によるコラムが掲載されていた。
題名は「大陸棚の限界」としてあった。

先月オランダ・ハーグの仲裁裁判所が南シナ海に関する中国の権利主張を退ける判決を下したことによる沖ノ鳥島に関する内容であった。
国連の海洋法条約に対する日本の対応として、平成20年10月に政府は将来の海洋資源を確保するために、国土の倍近い7海域約74万平方キロの大陸棚申請を決めて、翌月国連事務局で受理されたとあり、特筆すべきは、1982年に条約が採択された翌年には、海上保安庁職員が、太平洋における大陸棚延長の可能性を見極めるために海底調査を始めていたことだと紹介している。...
全部読む
「仲裁は不当だ」南シナ海問題を巡り中国が反発(16/05/12)(再生)

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 6061 62 63 64 65 66 67 68 69 70
71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.