JCCテレビプレス
特集 風の流れ
2017年12月15日(金)
最新TV速報
     
【風の流れ】
米国副大統領・アジア歴訪(4月16日)
ペンス米副大統領は25日までの日程で、韓国、日本、インドネシア、オーストラリアの4か国を訪問する予定である。
15日に出発し、就任後初のアジア訪問をする。

今日午後には最初の訪問先の韓国に到着予定である。明日、大統領の職務を代行するファンギョアン首相らと会談し、核、ミサイル開発を加速させる北朝鮮への対応について意見を交わす。

明後日には東京を訪れ、安倍首相と会談するほか、日米の新たな経済対話の初会合に出席、麻生副総理兼財務相と経済協力や貿易をめぐる課題などを協議する予定である。...
全部読む

米軍・大規模爆風爆弾で空爆という驚き(4月14日)
米軍が13日、“アフガニスタンナンガルハル州でIS拠点を狙い、GBU-43B・大規模爆風爆弾で空爆を実施した”と発表した。
この爆弾は全長9メートル、重さが約9800キロ、核兵器以外の通常兵器で最大の破壊力があるとされている。精密誘導装置も備えていて“すべての爆弾の母”とも呼ばれている。

米国防総省によると実戦で使ったのは初めてという。米軍のニコルソン司令官は「ISは防御を厚くしておりこの爆弾はこうした障害を取り除くのに適切な武器である」と発言した。...
全部読む

トランプ氏・中国は協力してくれると期待する(4月13日)
米国・トランプ大統領は12日ホワイトハウスでNATO・ストルベルグ事務総長と会談後、共同で記者会見した。

その中でトランプ大統領は先週行われた米中首脳会談に言及し、「習近平国家主席と過ごした2日間は興味深いものだった。気が合うと思う」と述べ、首脳同士の関係構築ができたと強調した。

その上で、核とミサイル開発を加速させる北朝鮮への対応について、「北朝鮮について習主席は協力してくれると思う。...
全部読む

トルコ・シリア空爆でサリン使用を確認(4月12日)
先日シリア北西部のイドリブ県にある反政府勢力が支配する町で化学兵器が使われたとされる空爆があり少なくとも72人が死亡し、隣国のトルコにもおよそ30人の患者が運ばれた。

トルコ・アナトリア通信によると、アクダー保健相は犠牲者や患者合わせて4人から採取した血液や尿から神経物サリンの代謝物が検出され、サリンが使われたことを確認したと明らかにした。

この空爆をめぐって米国のトランプ政権はアサド政権が化学兵器を使ったと断定し、対抗措置としてシリアの内戦がはじまって以降初めて政権側の軍事施設を巡航ミサイルで攻撃した。...
全部読む

北朝鮮・最高人民会議に金正恩現れるか(4月11日)
朝鮮半島の緊張が高まる中、北朝鮮が最高人民会議を開く。米国の圧力に強く反発している北朝鮮がどのようなメッセージを出すのか関心が集まっている。
米国でのトランプ政権発足後、初めて最高人民会議が平壌で開催される。

立法や最高指導部の選出、予算の審議、承認など幅広い権限を持っている。
金正恩体制後7回実施されたが金委員長は5回出席した。

北朝鮮は去年の最高人民会議で国防委員会を廃止する一方、国の最高機関として国務委員会を新設し金正恩を国務委員長に選出した。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 126
「風の流れ」内の検索
▲画面のトップへ
注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
注目番組