JCCテレビすべて
特集 風の流れ
2018年01月21日(日)
最新TV速報
     
【風の流れ】
トランプ氏が狙う・米ロによる世界秩序確立のシナリオ(1月9日)
トランプ次期米大統領の動きを分析すると、オバマ政権時の「米中による力のバランス」から「米ロによる世界秩序の確立」に大きくシフトさせようと考えているフシが見える。
オバマ氏は、ロシアには経済的圧力をかけ、一方中国との対話に力を入れ、「中国の核心的利益」を容認した。それにより南シナ海での中国の埋め立てや空母遼寧の台湾東南部の巡行を許した。その挙句、中国は北朝鮮による核やミサイルの開発を結果として許し続け、今日の危険な状態を招いたとも言える。...
全部読む

トランプ氏の戦略と考え方を分析する(1月7日)
6日もトランプ氏は「こんな程度か映画俳優でありながら、彼の最初の視聴率をベテランの私と比較してだが。私の初めの頃と比較しようか。でも関係ない、彼はケーシックやヒラリーを支持した。」「すごい、視聴率が出てアーノルド・シュワルツェネッガーが水没した(或いは破壊された)。対するDJT(ドナルドJトランプ)は視聴率王。こんな……」とツイッターで呟き、選挙期間中に同氏を批判したアーノルド・シュワルツェネッガー氏(映画俳優、元カリフォルニア州知事)をこき下ろした。...
全部読む

トヨタへの警告でトランプ氏の手法が見えてきた(1月6日)
米トランプ次期大統領は、自身のツイッターで、トヨタ自動車に対し「米国市場向けの自動車をメキシコの工場で生産するなら、多額の税金を払うべきだ」と批判するツイートをした。ツイートでは、メキシコのバハ・カリフォルニア州の新工場建設を批判するものだったが、バハには既にトラックやトラックの荷台を年間10万台製造している工場があるようで、昨年4月にトヨタはメキシコ・グアナファト州での工場建設を発表し米国内の雇用は守ると発表していたという。...
全部読む

カルロスゴーン社長憂う(1月5日)
フォードは3日、米国の雇用が奪われるとしてトランプ次期大統領から批判を受けたことを背景にメキシコに工場を建設する計画を撤回し、代わりに米国国内の工場の機能を強化して700人の雇用を生み出すと発表。
これについて、日産自動車のカルロスゴーン社長は4日、「米国は世界で2番目に大きな市場で、ほとんどの自動車メーカーにとってとても重要だ。われわれは今後打ち出される政策がどのようなものか耳を傾けている」と述べ、トランプ次期大統領の政策の行方を注視していく考えを示した。...
全部読む

トランプ氏の経済政策始動始める!(1月4日)
1月3日だけでもトランプ氏のツイッターでは、「トランプ氏の政策に従い、フォードがメキシコ工場を閉鎖しミシガンに投資へ」「雇用や富を手放すことなく、アメリカは世界一の革新と雇用創出で魅力ある国になる」「トランプ氏は既に約束した雇用を生み出している」「ゼネラルモーターズはシェビー(シボレー)・クルーズのメキシコ製モデルを米国ディーラーに無関税で販売している。アメリカ製にするか若しくは高関税を払え!」等と発信している。...
全部読む

過去の記事
1 ... 84 85 86 ... 100 ... 134

「風の流れ」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組