JCCテレビプレス
特集 風の流れ
2018年01月16日(火)
最新TV速報
     
【風の流れ】
トランプ氏会見来月に延期(12月13日)
米国・トランプ次期大統領は今週、大統領選挙の後初めての記者会見をひらくと発表していたが、政府高官の人事など政権移行に向けた準備に専念するため、会見は来月に延期されることになった。
トランプ次期大統領は、自身の事業から離れ大統領職に専念する考えを、今週15日に予定されていた記者会見で説明することになっていた。

一方、トランプ氏は、国土安全保障長官に海兵隊出身のジョンケリー元大将を、国家経済会議委員長にゴールドマンサックス社長兼最高執行責任者・ゲーリーコーン氏を起用すると発表した。...
全部読む

米ロという「軍事大国」と付き合う難しさ(12月12日)
今週15日からロシア大統領が日本を訪問し、首脳会談が行われる。
更に27日には、安倍首相がハワイのパールハーバーを訪れて、オバマ米大統領と首脳会談を行う予定になっている。

オバマ大統領は、聡明な平和志向の紳士であるので、こちらから余程失礼な言動をしない限り、友好的な会談となるであろうが、ロシアのプーチン大統領やトランプ米国次期大統領となると、そうはいかないと心配する。
双方の利益を考え落としどころを模索するという方法ではなく、自国の利益をまず優先し、できればその利益を押し通そうとする手法である。...
全部読む

有明アリーナに決まるか(12月9日)
2020年東京オリンピックパラリンピックのバレーボール会場見直し問題で、東京都・小池知事が横浜アリーナへの変更案を断念することを近々に表明する見通しとなった。
国内外の競技団体が有明アリーナでの開催を希望している他、横浜市・林市長が「時間的に厳しく、かなり難しい」との認識を示していた。
21日に4者トップ級協議で結論を出す方向で調整している。有明アリーナの整備費404億円は339億円まで削減されている。...
全部読む

トランプ氏・中国とどう向き合うか(12月8日)
米国の新しい中国大使に指名されたテリー・ブランスタド氏はアイオワ州の出身で現在70歳。1985年河北省農村部の幹部としてアイオワ州を訪問した習近平と出会ったという。
習近平国家副主席として4年前に訪米した際にもブランスタド氏が夕食会を行うなど両者は交流を続けていて、ブランスタド氏は習近平国家主席を「古い友人だ」としている。

今回の指名についてトランプ次期大統領は「習近平国家主席をはじめ中国の指導者と長年にわたる関係に申し分ない。...
全部読む

トランプ流ツイッターによる情報開示(12月7日)
トランプ次期大統領は、自らの考えを主にツイッターを通じて公開している。従来の記者会見による形式から見ると、革命的な手法の変化である。大統領就任後もこの形を貫くかどうかは、見通せないが、米国の大統領クラスが次々とツイッターを通じて、新たな情報を伝達するとなれば、メディアの役割や意味合いが大きく変わることになると考えられる。それにしても大きな衝撃である。

直近でも、トランプ次期大統領がノースカロライナ州で感謝を述べるツアーを行っている最中、国防長官に起用を決めたマティス元中央軍司令官も同行し、トランプ氏はマティス氏と一緒の写真をツイッター上に投稿した。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 133
「風の流れ」内の検索
▲画面のトップへ
注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
注目番組