JCCテレビプレス
特集 風の流れ
2018年01月18日(木)
最新TV速報
     
【風の流れ】
トランプ流ツイッターによる情報開示(12月7日)
トランプ次期大統領は、自らの考えを主にツイッターを通じて公開している。従来の記者会見による形式から見ると、革命的な手法の変化である。大統領就任後もこの形を貫くかどうかは、見通せないが、米国の大統領クラスが次々とツイッターを通じて、新たな情報を伝達するとなれば、メディアの役割や意味合いが大きく変わることになると考えられる。それにしても大きな衝撃である。

直近でも、トランプ次期大統領がノースカロライナ州で感謝を述べるツアーを行っている最中、国防長官に起用を決めたマティス元中央軍司令官も同行し、トランプ氏はマティス氏と一緒の写真をツイッター上に投稿した。...
全部読む

暗雲漂うEU(12月5日)
イタリアで4日行われた国民投票を受けて、反対が賛成を大きく上回り、レンツィ首相はローマで記者会見し「敗北の全ての責任は私にある。私の政権は今日終わる」と述べて、敗北を認め辞任する意向を示した。
レンツィ首相は5日午後に閣議を開いた後、マッタレッラ大統領に辞表を提出するとしている。イタリアの国民投票は議会上院の権限を縮小し、原則として下院の承認だけで政府を信任し法案を可決できるようにする憲法改正の是非を問うもので、投票は4日に行われ開票作業が進められている。...
全部読む

南シナ海に英国も乗り出す(12月2日)
英国政府は、中国が海洋進出を強めている南シナ海の上空に自国のタイフーン戦闘機を近く飛行させることを明らかにし、英国としても南シナ海での中国の行動に懸念を抱いていることを示した。また英国・ダロク駐米大使は、今後アジア太平洋地域の安全保障に英国も関わっていく意向を示したと正午のNHKニュースが伝えた。

米国の首都ワシントンで行われたシンポジウムで、会場の質問に答えて明らかにしたところによると、この中で、ダロク大使は、「中国が海洋進出を強めている南シナ海について、英国政府は、航行の自由や飛行の自由を守るという米国政府の目標を共有している」と述べた。...
全部読む

安保理・新たに北朝鮮を制裁する(12月1日)
国連安全保障理事会(安保理)は、30日北朝鮮の主要な資金源になっている石炭の輸出に上限額と量を設け、核ミサイル開発資金の流入を遮断する決議案を全会一致で採択した。
今回は、米国が中国に制裁の大幅な強化を働きかけた結果、決議まで2カ月半と時間はかかったが、制裁内容は効果あるものになったという。

具体的には、「北朝鮮からの石炭輸出に年間4億ドル、または750万トンの上限を設定」「銅やニッケルの輸出全面禁止」「海外駐在の北朝鮮外交官の数を減らし、銀行口座の数も制限する」等の内容が盛り込まれた。...
全部読む

2020オリンピックと日本スポーツのあり方(11月30日)
11月29日に行われたIOC、東京都、日本政府、大会組織委員会による「四者協議会」が行われ、懸案だったボート、カヌー・スプリント会場は従来通りに、「海の森」で開催されることになった。仮設案に決まったとしても、約300億円の整備費がかかることになる。仮設になっても20年程度は、そのまま使えるようだ。ただオリンピックが終わった後も水門等のメンテナンスに相当な費用がかかるようだ。

それでは、これだけの施設をどう活用してゆくかというところが、どうもはっきりしない。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 134
「風の流れ」内の検索
▲画面のトップへ
注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
注目番組