テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【風の流れ】

2016年の世界経済・日本経済を展望する(1月3日)
今年の世界経済・日本経済を展望すると、大きな波乱を加味しない場合、世界経済は成長率で3%弱、日本経済は成長率で1%台半ば位というのが各経済調査機関の予測であり、世界・日本ともに2015年の成長率に比べ僅かながら上乗せされており、ともになだらかな景気回復が進むと見られている。
以下ではこのシナリオに影響を及ぼす可能性のある波乱要因について見てみたい。

2008年のリーマンショック以降日米欧では中央銀行によるゼロ金利と大量資金供給政策が取られ、中国では4兆元(約70兆円)の財政資金が投入された。...
全部読む

変貌する年末年始(12月29日)
ここ数年、年末年始の習慣が変わってきていると感じる。
企業の年末の休業は、早いところでは26日からというところもでてきた。
一方、金融系の企業は、30日から3日までというところが大半のようで、5連休日しかなくシルバーウィークよりも短い。

街の年末風景も、正月を迎える華やかさは気のせいか寂しいように感じる。

街のイルミネーションの、多くはクリスマスまでで片付けられるが、その飾り付けがない場合は、年末または正月まで続く。...
全部読む
成田山で「おたき上げ」 一年間の無病息災に感謝(15/12/28)(再生)

来年度予算過去最大(12月24日)
日本政府は、24日の閣議で2016年度の予算案を決めた。
一般会計の総額は、15年当初より0.4%増の96兆7218億円になり、4年連続で過去最大を更新した。
高齢化に伴って社会保障費の増加が主因となった。

一方歳入では、企業業績が好調で税収が3.1兆円増加し、57兆6040億円を見込み新規の国債の発行は34兆4320億円となり、昨年度よりも6.6%低く抑えることが出来た。

しかし、社会保障は1.4%増加し、益々財政を圧迫している。...
全部読む
来年度予算案を閣議決定 4年連続で過去最大を更新(15/12/24)(再生)

暴れ者大国・中国(12月22日)
中国でまた大事故が起こった。
広東省シンセンで20日起きた大規模な土砂崩れで、80人を超える行方不明者がでているという。
GDPでは、世界第二位を誇り、SDRの組み込み通貨にもなり、世界に新幹線や原発を輸出しようとする中国が、なぜこうした人災を起こすのであろうか。

記憶に新しい天津の大爆発、それに北京の大気汚染のあの凄ざましさは最早「暴れ者大国」と呼ぶしかない。

この事故のことを耳にして、20年ほど前にシンセンの夜の街中を駅に向かって歩いたことを思い出した。...
全部読む

米国・台湾に微妙な武器輸出(12月18日)
米国は、台湾に対し退役したミサイルフリゲート艦2隻を含む総額 18億3千万ドル(約2200億円)の武器を新たに売却することを決めた。
オバマ大統領は来年1月の台湾総統選を前に、一方的な海洋進出を続ける中国の軍事的な動きをけん制するためにこのほど決定し議会に通告した。

しかし、オバマ大統領は台湾が求めていた最新鋭の戦闘機はその対象にはしなかった。
この米国の処置について、中国は表面上怒り心頭だが、じっと米国の対応を見ている。...
全部読む
China summons US envoy over warship sal(再生)

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 102
「風の流れ」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.