JCCテレビプレス
特集 風の流れ
2018年01月18日(木)
最新TV速報
     
【風の流れ】
ボブ・ディランと米国・世界の現実(10月24日)
ノーベル文学賞受賞が決まったボブ・ディランに未だ連絡が取れず、選考委員会は困惑していることだろう。
ボブ・ディランが、ダイナマイトの発明によって巨額の富を得て、それを基金にした「ノーベル賞を貰うことは無い」との意見もよく聞く。

ボブ・ディランの「風に吹かれて」等の歌詞から考えると、反体制であり人道、平和、自由主義を標榜しているように感じる。
今、なぜボブ・ディランにノーベル文学賞が授与されるのだろうか。...
全部読む

クリントンvsトランプ価値観の相違(10月21日)
来月に迫った米国大統領選挙。このまま、民主党・クリントン候補優位に進むのか?終盤戦のヤマ場、最後のテレビ討論会を終え、共和党・トランプ候補の言動に批判が集まっている。

19日に行われた米国大統領選最後のテレビ討論会。トランプ候補の発言に批判が高まったのは「敗者が負けを認めることで国の団結が保たれてきた」との質問に「その時になったらお答えする。お楽しみに」との発言に、米国の主要メディアは民主主義を侮辱するものだなど批判的に報じるほか、民主党、共和党両党の議員から懸念や批判の声が上がっている。...
全部読む

AI旋風と人間社会(10月20日)
毎日のように、AI、IoT、ビックデータなどがマスメディアでとりざたされている。
労働人口減少を迎えた日本の新たな救世主になるか、はたまた大量の失業者を生む原因になるのか、AIを搭載した武器が人間を殺傷する等、人類に危害を及ぼす危険はないのかと期待と疑問は尽きない。
そもそも、今回の第3次AIブームは、グーグルによって仕掛けられたものと言っても良い。

今年3月、人工知能(AI)の活躍はグーグルの子会社が開発した、アルファ碁が世界トップクラスのプロ棋士・イ・セドル九段(韓国)と対戦し勝利したことから始まった。...
全部読む

オリンピックってなんだろう(10月18日)
18日午前に、羽田空港に到着したばかりのバッハIOC(国際オリンピック委員会)会長と小池東京都知事の会談の様子をテレビ放送を通じて視聴した。
直近のテーマは、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックのボート、カヌー・スプリント会場について、どのような形で決着するのか関心がある。

驚いたことに、会談の約30分間、全時間報道陣のカメラが回ったままで行われた。
東京の地上局3局が、まるで実況中継の様に、その会談の内容を生で放送した。...
全部読む

中国有人宇宙船打ち上げ成功の衝撃(10月17日)
中国は10月17日朝、宇宙飛行士2人を乗せた有人宇宙船“神舟11号”の打ち上げの成功を宣言した。発射から2日以内に、9月に打ち上げた宇宙実験棟“天宮2号”とドッキングさせ、同宇宙飛行士にこれまでで最も長い30日余り滞在させて、2022年の完成を目指す独自の宇宙ステーションの建設に必要な技術を高め蓄積する目的である。

現地ではインド訪問中である習近平国家主席の祝賀メッセージが読み上げられたほか、北京の指揮センターには李克強首相も現れて、技術者を労い、国家の威信をかけたプロジェクトである事を伺わせた。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 134
「風の流れ」内の検索
▲画面のトップへ
注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
注目番組