テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【マツコ人気を追う】

10/26 フジテレビ「アウト×デラックス」(第347回)

今回は独自の世界観で人気のバンド・クリープハイプのボーカル尾崎世界観(32)が登場。尾崎は映画音楽や小説、エッセイなども手掛ける人気者だが、我慢できない性格なのだという。一体、何に我慢ができないのか。

「一番、我慢できないのはネットで書かれることですね」と尾崎。

「へー、例えば?」とマツコ。

「ネットで納得いかないことが書かれていると、気になってしまい、最初、まず相手のツイッターのアイコンを確認しに行くんです。許せるアイコンだったら、こいつにだったら別に言われてもいいやと思って許します。次にアイコン見ても相手が特定できない(よくわからない)場合はそいつのプロフィールを見て、資格取りたいとか書いてあればこいつ大丈夫だと思って許します」と尾崎。...
全部読む

10/25 テレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」(第346回)
今回は「大器晩成って何歳までにブレイクすることだと思うか」との投稿者の質問をもとに議論した。

「大器晩成って思ってた方が生きる希望は湧いてくるよね。それでいいんじゃネ?」とマツコが切り出した。

「ひょっとしたら気が付かないうちに小器早成で、もう実は成功してるのかもしれないよ(w)」と有吉。スタジオ爆笑。

「今がなにがしかにもうなっているのかもしれないわよね」とマツコ。

「お笑いに限って言えば、最近はもう40とかでも全然ブレイクするしね」と有吉。ちなみに40過ぎでブレイクした芸人たちにはアキラ100%、永野、ハリウッドザコシショウ等がいる。

「いわゆる平均寿命がのびているわけだから、例えば昔であれば30でも大器晩成だったけど、定年が60だとするならば今は50ぐらいなのかな。自分でやってるんだとすれば定年もないから年齢はもっと上がるのかもね。それこそ死ぬ前でも大器晩成よね」とマツコ。

ここで久保田アナが恒例の参考情報を提供。占い師に聞いたところでは大器晩成は55歳までとのこと。

これに対し有吉が「占い師っていうのはあやふやなことを言うのが商売だから、そいつらにハッキリとしたことを求めてもダメだよ」と苦言を呈した。...
全部読む

10/24 日本テレビ「月曜から夜ふかし」
今回は映画「ミックス」の宣伝を兼ねて新垣結衣がゲストで登場し、下ネタ話で盛り上がった。

江戸川区平井の人々を取材したVを見終わった後、いきなり「平井に行ったことないでしょ?」とガッキーに突っ込んだところ、あっさりと「ないです」と返されてしまったマツコ。

「でも(平井のVを見ると)いろんな人がいるんだなーって、逆に元気をもらえると思いました」とガッキー。

「なんか、ガッキーがスタジオにいるとうちらも(緊張して)ちょっと言葉を選んじゃうわね」とマツコ。

「下ネタとかは大丈夫?」と村上が思い切った質問をガッキーにぶつけた。

「いいえ、全然、大丈夫なんで言ってください」と控えめに返すガッキー。

「お耳汚しがひどうなるからそれはちょっとって感じするな」と自分でガッキーに質問しておきながら質問を取り消す村上。...
全部読む

10/23 MX「5時に夢中!」(第344回)
今回のテーマは選挙特番をじっくり見たかどうかについて議論が交わされた。

MXの特番と池上彰のテレ東の特番と残りをザッピングで見たという若林だが、「途中からツイッターで大阪の川が氾濫しそうだというのが出回っていたのに、それをテレビ局が一切伝えなかったことにすごく違和感を覚えて、テレビを消して寝てしまった」のだという。

特番を多少?見ていたというマツコは「結構、池上さんが最初、選挙特番やりだした時は、目立っていたけど、各局がいろいろ頑張ってやりだしたら、各局同じような感じになってしまったわね。そうなるともうアタシは偏屈者だからNHKを見てしまうのよ。でもすごいわよ。各局ともいろいろ工夫してるわよね」と他局へのフォローも忘れない。...
全部読む

10/17 日本テレビ「news every.」(第343回)
今回はマツコが「ひふみん」についてまるで社会学者のようなコメントをしたのでそれを紹介する。

マツコが北海道米の「新CM発表会」に登場した。「前より食べなくなったわ!なんか、だんだん死が近づいてきているのが自分でもわかる。もう今はそんなに若い時のようには食べられないのよ」と最近食欲が衰えてきていることを明らかにした。

イベント司会者が「お茶碗何杯ぐらい食べるのですか?」と問うと、「3杯ぐらいかな」とマツコから信じられない答えが返ってきた。これは実に普通である。

45歳の誕生日を迎えるマツコは、これまで日本を支えてきた方々に感じるものがあるといいつつ「そういう方々は貧しい時代から始めて、必死になって日本を作ってきたわけじゃない。おじいちゃん、おばあちゃんになった時ぐらいはっちゃけていいと思うのよ」といきなり切り出した。何を言い出すのだろうか。

マツコは、77歳でブレーク中の加藤一二三(ひふみん)を例に挙げ、ひふみんの生き方こそがこれからの日本人のモデルケースになると主張した。その理由はこうだ。

「将棋を極めて、最後の最後に自分でもビックリするような注目のされ方をされているじゃない?人生を謳歌してる感じが、これから高齢社会になる中でこういう生き方もあると、ある意味見せているんじゃないかなとアタシには思えるのよ」とマツコ。...
全部読む

過去の記事
1 2 34 5 6 7 8 9 10 … 72
「マツコ人気を追う」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.