JCCテレビすべて
特集 有望アスリート
2019年11月15日(金)
最新TV速報
【有望アスリート】
なでしこジャパン・南アフリカに勝利(11月10日)
なでしこジャパンはMS&ADカップ2019で南アフリカと対戦。

主将・熊谷紗希の代表初ゴールと、菅澤優衣香のゴールで2-0で勝利した。


八村塁初ダンク(10月27日)
3試合連続で先発出場となったウィザーズ・八村塁。八村は3本のダンクを含む16得点の活躍で、3試合連続の2桁得点を挙げている。

試合はスパーズ124-122ウィザーズでウィザーズは敗戦。


八村塁・NBA開幕スタメン(10月24日)
NBAで日本選手で初めてドラフト1巡目で指名されたウィザーズの八村塁選手。開幕戦に先発出場した。

14得点10リバウンドという結果を残し、堂々のデビュー戦となった。


ラグビーW杯・初のベスト8・日本代表が会見(10月21日)
ラグビーW杯日本大会で、史上初となるベスト8の成績を残した日本代表が、都内で会見を開き大会を振り返った。

田村優は「目標立てて、有言実行して、目標達成するチームはなかなかないと思う。本当に誇りに思う」とコメントした。



プロ野球ドラフト会議(10月17日)
第1巡目の一度目の入札で3球団の指名となった星陵高校の奥川恭伸はヤクルトが交渉権を獲得した。

3球団の指名となった東邦高校の石川昂弥は中日が交渉権を獲得した。

4球団の指名となった大船渡高校の佐々木朗希はロッテが交渉権を獲得した。

横浜は森敬斗(桐蔭学園高校)、広島は森下暢仁(明治大学)は抽選なしで決定した。

二度目の入札で巨人と西武が宮川哲を指名し西武が獲得、日本ハムとオリックスが河野竜生を指名し日本ハムが獲得した。

第1巡目指名選手は以下の通りとなった。
巨人:堀田賢慎(青森山田高校)
横浜:森敬斗(桐蔭学園高校)
阪神:西純矢(創志学園高校)
広島:森下暢仁(明治大学)
中日:石川昂弥(東邦高校)
ヤクルト:奥川恭伸(星陵高校)

西武:宮川哲(東芝)
ソフトバンク:佐藤直樹(JR西日本)
楽天:小深田大翔(大阪ガス)
ロッテ:佐々木朗希(大船渡高校)
日本ハム:河野竜生(JFE西日本)
オリックス:宮城大弥(興南高校)



過去の記事
1 2 3 .... 10 20 .... 23

「有望アスリート」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組