JCCテレビすべて
特集 有望アスリート
2020年02月21日(金)
最新TV速報
【有望アスリート】
紀平梨花連覇・四大陸選手権(2月9日)
四大陸選手権女子シングルのフリープログラムで紀平梨花が151.16点を獲得し、合計で232.34点で大会連覇を果たした。

樋口新葉は207.46点で4位、坂本花織は202.79点で5位に入った。


八村塁復帰(2月4日)
NBAウィザーズの八村塁が49日ぶりに実戦復帰した。去年12月に鼠径部を負傷し欠場していた。

ウォリアーズ戦に先発出場。開始16秒に先制点をあげるなど、11得点、9リバウンドの活躍をした。試合は125-117で敗戦。


河村勇輝・初スタメン24得点(1月30日)
福岡第一高校3年の河村勇輝が高校に在学しながらプレーできる特別指定選手としてバスケットボール・Bリーグ「三遠ネオフェニックス」に入団。きのうデビュー3戦目で初スタメンに起用された。

新潟アルビレックスBBに敗退したが、両チーム最多タイの24得点をマーク。身長は172センチと小柄だが、武器のスピードでスーパープレーを披露した。

河村は「負けてしまったので次の試合にアジャストして絶対に勝ちたい」とコメントした。


幕尻・徳勝龍が優勝(1月27日)
大相撲初場所千秋楽。前頭十七前目・徳勝龍が最年長記録となる33歳5か月で初優勝した。幕尻が優勝するのは20年ぶりの快挙となった。

徳勝龍は優勝インタビューで「自分なんかが優勝していいんでしょうか」と謙遜した。また、「周りから『優勝』と言われていたのでは」という質問には「もう意識することなく…ウソです。優勝をめっちゃ意識していました。ばりばりインタビューの練習をしていました」と会場の笑いを誘った。

18日に恩師である近畿大学相撲部監督・伊東勝人が死去。徳勝龍のしこ名の「勝」は伊東監督の名前「勝人」からいただいたもの。優勝パレードで徳勝龍の手には伊東監督の遺影が掲げられていた。


大阪国際女子マラソン・松田瑞生が優勝・五輪へ有力(1月27日)
きのう大阪国際女子マラソンが行われ、松田瑞生が優勝した。タイムは自己ベストを上回る2時間21分47秒で、選考基準を上回り、女子マラソン東京五輪代表残り1枠に大きく前進した。

3月8日の名古屋ウィメンズマラソンで松田のタイムを上回る選手がいなければ松田瑞生に決定する。現時点で東京五輪代表に内定しているのは前田穂南と鈴木亜由子。


過去の記事
1 2 3 ... 10 20 30 ... 31

「有望アスリート」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
最新の画像  営業マン横道日記
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組