JCCテレビすべて
特集 トランプ政権を追う
2018年12月16日(日)
最新TV速報
【トランプ政権を追う】
トランプ大統領は違法性認識(12月15日)
米国のトランプ大統領とかつて不倫関係にあった女性に不正に口止め料を払ったとして実刑判決を受けた大統領の元顧問弁護士・マイケルコーエン被告が、おととしの選挙資金関連の法律に違反し大統領とかつて不倫関係にあった女性らに口止め料を払ったなどとして禁固3年と罰金の判決を受けた。

被告はインタビューで「トランプ大統領は違法だと知りながら支払いを指示した」と主張した。

トランプ大統領は「被告に法を犯すような指示はなく法律違反の行為も行っていない」という立場を強調していて、来月から始まる議会で野党・民主党による責任追及が強まるとみられる。



トランプ大統領・元顧問弁護士に禁錮3年の実刑判決(12月13日)
ニューヨーク連邦地裁は、トランプ大統領の元顧問弁護士・マイケルコーエン被告に禁錮3年の実刑判決と罰金など2億円あまりの支払いを命じた。

コーエン被告はロシア疑惑をめぐる議会での偽証や、トランプ大統領の不倫相手に口止め料を支払った選挙法違反の罪に問われていた。



米国・トランプ大統領が野党と口論(12月12日)
米国・トランプ大統領は来月から議会下院の多数派を握る野党民主党下院トップ・ペロシ院内総務とシューマー院内総務と会談し、公約に掲げるメキシコ国境の壁の建設に予算をみとめるべきかをめぐって激しい口論を繰り広げた。

米国の連邦議会では先月の中間選挙の結果、野党民主党が下院で多数派を奪還しトランプ政権が目指す法案や予算案を成立させるには民主党との協力が不可欠となっている。



トランプ大統領・主要ポストの後任者を指名(12月9日)
トランプ大統領は政権の主要ポスト3つに後任者を指名した。

司法長官にはウィリアムバー、国連大使にはヘザーナウアート、統合参謀本部議長にはマイクミリー大将をあてた。

ニューヨークタイムズによると、次期司法長官になるウィリアムバーは「ウラン取引の関係者によるクリントン財団への大口献金疑惑の方が、トランプとロシアとの共謀疑惑よりも、捜査して欲しい点が多い。この問題を追及しないのは、司法省による責任の放棄だ」と語っている。...
全部読む


ケリー大統領首席補佐官・年内までに辞任(12月9日)
米国・トランプ大統領はケリー大統領首席補佐官が年末までに辞任することを明らかにした。

ケリー首席補佐官は去年7月、事実上更迭されたプリーバスに代わり大統領首席補佐官に起用された。

しかし、ポンペイオ国務長官などと比べ政権の中での存在感が低下しており、辞任の可能性が度々報じられてきた。

トランプ大統領は米国軍制服組の新トップに陸軍のミリー参謀総長を指名した。

ワシントンポストは“今回の決断はマティス国防長官の影響力の低下を示すものだ”との見方を示している。...
全部読む


過去の記事
1 2 3 .... 10 20 30 .... 49

「トランプ政権を追う」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組