JCCテレビすべて
特集 NHKスペシャルを追う
2018年08月22日(水)
最新TV速報
【NHKスペシャルを追う】
8/13 「真珠湾攻撃77年目の真実~日米ソの壮絶“スパイ戦争”~」
太平洋戦争直前のルーズベルト政権内部には200人を超すソ連のスパイが暗躍していたという。これらスパイのターゲットは日本だった。さらに日本から一人のスパイが米国・ハワイに送り込まれ、真珠湾攻撃の計画を具体化させていった。番組では日米ソの「極秘スパイ資料」を基に、知られざる歴史の真実を検証していく。

日本海軍少尉・吉川猛夫はハワイのホノルル日本総領事館にスパイとして日本から送り込まれた。...
全部読む

7/28 「日本の未来を脅かす精子力クライシス」
今、日本の未来を脅かす異常事態が男性の体に起きているのだという。それは精子力クライシス。精子の数が少なかったり、中身が傷ついていたりし、受精して妊娠を成功させる精子の力が衰えているのだという。何が起こっているのかNHKが総力をあげて取材した。

昨年、欧米で驚きの調査結果が出た。欧米人男性の精子の数を調べた所、この40年で半減していたというのだ。ところが、その欧米よりもさらに深刻なのが日本だった。...
全部読む

7/22 「中国・消えた弁護士たち」
経済成長とともに、人々の権利意識が高まる中国。その一方で、共産党支配に悪影響を与えるとみなされた人々への締め付けはかつてなく強まっているとも指摘されている。今、中国で何が起こっているのかNHKが現地で取材した。

今、中国では一部の弁護士やその家族が厳しい締め付けにあっている。市民の権利を守る人権派弁護士を次々と拘束し、資格の取り消しなどで弁護士を追い詰めている。ある女性は、弁護士である夫が3年以上前に国家政権転覆の容疑をかけられ、当局に拘束され、面会すらできていないのだという。...
全部読む

5/27 「緊迫の米朝・首脳会談の行方は」
世界から注目を集めている「史上初の米朝首脳会談」は予定通り6月12日に開催されるのか。NHKスペシャル取材班が総力を挙げて今後の展開について徹底検証した。

北朝鮮は豊渓里の核実験場の閉鎖作業を一部の国際メディアに公開した。しかし、核の専門家は招かなかった。IAEA(国際原子力機)元査察官・デービッドオルブライトは、「北朝鮮による今回の核施設の閉鎖作業が逆に米国の疑念を招いた」と指摘している。...
全部読む

5/21 「日本の諜報・スクープ・最高機密ファイル」
今回、NHKスペシャルは米国の諜報機関、NSA(国家安全保障局)の最高機密ファイルを入手した。そこからは、これまで秘密のベールに包まれてきた日本の諜報活動の一端が見えてきた。日本の諜報活動、その知られざる実態に迫る。

NHKのカメラの前で米国諜報機関の元幹部がインターネットを経由して大量の情報を収集するネット諜報の手法の一端を明かしてくれた。NSAは特定のスマートフォンに遠隔操作アプリを秘密で仕込んでいるという。...
全部読む

5/12 「仮想通貨ウォーズ・盗まれた“580億円”を追え!」
580億円にも相当する仮想通貨が交換会社コインチェックから流出した事件。カネは一体どこに消えたのか、犯人は誰なのかNHKが総力取材を行った。

FBI・ローンワイナー特別捜査官は「仮想通貨が犯罪組織の資金源になるケースが急増している」「今、世界のあらゆる犯罪組織が今仮想通貨を狙っていると言っても過言ではない」と警鐘を鳴らしている。犯人を追っているホワイトハッカーのリーダー・河崎純真は10代でITベンチャーを設立し、ネット上で仮想通貨のありかを特定するスペシャリストだ。...
全部読む

4/22 「北朝鮮・金正恩の野望・第3集」
21日、北朝鮮は核実験の中止に加え、中長距離ミサイルと大陸間弾道ミサイルの発射中止を突如宣言した。
だが、4月はじめ、新たな原子炉が稼働し、排水溝の水が黒く変色しているのが発見された。これは北朝鮮が水面下で核開発を続けている可能性を意味する。川が黒く濁っているのは、流れ込んだ冷却水で川底が撹拌されたためで、IAEA元査察官は「今のうちに北朝鮮がプルトニウムを蓄えておこうとしているという動きに他ならない」と指摘している。...
全部読む

4/21 「北朝鮮・金正恩の野望・第2集」
北朝鮮の外貨獲得の動きを追ったところ金委員長自らが管理しているとされる「39号室」と呼ばれる秘密機関の存在に突き当たった。番組ではその秘密機関の謎を追う。

今冬、日本に相次いで漂着した北朝鮮からの木造船。船からは北朝鮮の漁民とみられる遺体が数多く見つかった。遺体が1年で30体あがったのは初めてだ。なぜ粗末な木造船で荒れる日本海へ漁に出たのか。背景として指摘されているのが北朝鮮の外貨獲得方針だ。...
全部読む

4/15 「北朝鮮・金正恩の野望・第1集」
先月、北朝鮮・朝鮮労働党・金正恩委員長が中国を電撃訪問。非核化にも言及した。金正恩が突然外交に動き出した真の狙いは何なのか。金正恩は人民を救う改革者か、恐怖の独裁者なのか。今回は謎に満ちた金正恩の実像に迫っていく。

政権発足から6年が経つが、金正恩の実像は未だに謎に包まれている。詳しい経歴や正確な年齢すらもわかっていない。金正恩は宮廷で密かに英才教育を受けていたとされ、母親は大阪生まれの在日朝鮮人コヨンヒとされているが、今も多くの北朝鮮人民にその事実は伏せられている。...
全部読む

3/28 「人体・神秘の巨大ネットワーク 第七回」「最新科学が明らかにしたがん・心臓病治療の最前線」
2人に1人が発症し、3人に1人が亡くなる「がん」。最新の研究により、がんがメッセージ物質を発して増殖することが明らかになってきた。その仕組みを逆手にとり、がん細胞を抑え込む新たな研究も加速している。さらに年間20万人が亡くなる「心臓病」。メッセージ物質を生かした治療により、心臓の再生が実現しようとしている。「人体・神秘の巨大ネットワーク 第七回」(最終回)では日本人の前に立ちふさがるこの2大疾患に対する取り組みを紹介する。...
全部読む

3/18 「人体・神秘の巨大ネットワーク 第六回」「生命誕生!精巧な人体を作るドミノ式全自動プログラム」
人間誰でも、本来は、たったひとつの小さな受精卵だった。この受精卵が複雑で精巧な人体にどのようにして形作られていくのかは、世界中の科学者たちが追求してきた人類最大の謎のひとつだった。その謎がiPS細胞の発見によって急速に解明されつつある。今回はこれまでにわかってきた生命誕生の神秘を詳しく紹介する。

我々誰しもがもともと卵子と精子が合体してできた、受精卵だった。この受精卵の中には、体を作る精巧なプログラムが入っている。...
全部読む

3/11 「東日本大震災から7年・次の大震災に教訓をどう生かすか」
関西大学と九州大学の共同研究グループとともに、復興にかかる費用に注目し、M9クラスの南海トラフ巨大地震が発生し、広範囲に津波が到達。238棟余の建物に被害が出たとの想定で試算を行った。大規模なかさ上げなど東日本大震災と同じ手法で町を再建した場合、災害発生から5年で必要になる費用は162兆円に及ぶ。国の年間の一般会計予算をはるかに超える金額だ。震災直後、国土交通省で被災地の街の再建に関わった日本災害復興学会理事・佐々木晶二は災害からの復興には新しい発想が必要だと主張する。...
全部読む

3/4 「河川津波・震災7年・知られざる脅威」
東日本大震災で川を逆流し、溢れた津波が内陸奥深くまでさかのぼり、大きな被害をもたらしていたことがわかってきた。さらに分析を進めると、全国各地に潜む“河川津波”のリスクが明らかになってきた。

河川の専門家は「海の津波とは違った危険性を川の津波は持っている。どこから津波が来るかわからないし、逃げる手段も逃げる時間もなくなってしまう。これが都市部での河川津波の怖さだ」と分析した。

河川津波が都市部で起きた場合にはコンクリートの建物の間や道路を津波が縦横無尽に流れて、激流となって住民を襲うことが懸念されている。...
全部読む

3/3 「マツコ×有働×AI・ニッポンの働き方に挑む!」
マツコと有働キャスターがAI「ひろし」を使って日本の働き方に切り込んだ。今回は2017年7月に続く第二弾となる。AIが導きだす突飛な提言にマツコと有働アナがどのようにリアクションするのかに注目が集まった。

一つ目のAIが導き出した提言は「お金にゆとりがなくても蛇口をこまめに閉めなければ仕事に満足できる!?」。ワークライフダイアグラムを作るためにAI「ひろし」が学習したのが、民間のシンクタンクが全国の20~69歳までを対象に行った膨大なアンケート結果から導きだされたデータだった。...
全部読む

2/19 「スピードスケート女子団体パシュート・五輪金メダルへ・究極の戦略」
ソチ五輪での歴史的大敗を喫したスピードスケート女子団体パシュート。メダル23個を獲得した絶対王者オランダに日本は12秒もの大差をつけられ屈辱を味わった。オランダで代表コーチを務めたヨハンデヴィットの教えの下、日本はナショナルチームを結成し、一から立て直しを図った。年間300日以上、過酷なトレーニングを積んできた。その結果、今シーズンW杯で3戦3勝。全てのレースで記録を更新し、オリンピック金メダルの最有力候補に躍り出た。...
全部読む

2/12 「金メダルへの道・羽生結弦・連覇への苦闘」
ソチ五輪で金メダルを獲得して以来、4回転ジャンプを武器に世界最高得点を8回更新するなどフィギュアスケートの絶対王者として君臨してきた。だが、平昌五輪を前に右足首を負傷してしまった。羽生結弦は「悔しい思いはすごくあるが、今は一つ一つやっていくしかない」と現在の心境を話した。

自らが扉を開けたハイレベルな戦いの中で、若手が台頭し、羽生を脅かす存在になってきている。ネイサンチェンは「羽生選手はスケートの限界を押し上げ、モチベーションとインスピレーションをくれた。...
全部読む

2/4 「人体・神秘の巨大ネットワーク 第五回」「脳すごいぞ!ひらめきと記憶の正体」
今日のテーマは脳。
脳の神経細胞は、約1000億個あり、それがつながってネットワークを作っている。細胞と細胞の間には、少し隙間があり、電気信号がひとつの神経細胞の端にたどり着くと、「電気を発生させて」というメッセージ物質が大量に放出される。これが次の細胞に受け取られ、再び電気信号が生まれる。メッセージ物質の受け渡しにかかる時間は、1万分の1秒。脳は数十種類のメッセージ物質を用いることで、「一斉に電気を発生させて」など、電気信号の伝わり方にバリエーションを生み出している。...
全部読む

1/14「人体・神秘の巨大ネットワーク 第四回」「万病撃退!腸が免疫の鍵だった」
ダイエットや美肌、肥満解消などによいと「腸内フローラ(腸内細菌)」が大注目されているが、腸は人体の中の独立国家ともいうべき臓器。腸がインフルエンザや食中毒などあらゆる病気から我々を守る免疫力を司る働きをしていることも明らかになってきた。腸内細菌と免疫細胞をうまく使い全身の免疫力をコントロールしているのだ。今回は最先端の研究で見えてきた腸の驚くべき実像に迫る。

腸は食事から大量に栄養と水分を吸収し続けている。...
全部読む

1/8「人体・神秘の巨大ネットワーク 第三回」「最新科学が明らかにする・骨の意外なパワー」
単なるカルシウムの塊だとみられていた骨。実は全身の臓器に特別なメッセージ物質を届け、記憶力や免疫力を高めて若さを生み出しているといることが最新の研究でわかってきた。骨からのメッセージ物質が脳に届くと記憶力がアップし、身体の免疫力を高め、私たちを病気から守ってくれる。骨からのメッセージが途絶えた時には記憶力や免疫力は逆に低下し老化現象は加速する。今回は人体の若さを司る門番である骨を特集する。

若さを生み出す骨のメッセージ、その1は「記憶力」。...
全部読む

12/17「激変する世界ビジネス “脱炭素革命”の衝撃」
自国の経済に不利だとして、パリ協定からの脱退を表明した米国・トランプ大統領。日本も過去に温暖化対策の議長国の経験があるにも関わらず、温暖化対策にあまり積極的とはいえない。しかし2年前のパリ協定をきっかけにして世界ではビジネスと一体となった「脱炭素」の流れがうねりのように起きており、その動きは誰にも止められない。

アラブ首長国連邦では、広大な砂漠地帯を利用した世界最大の太陽光発電所の建設が進んでいる。...
全部読む

11/5「人体・神秘の巨大ネットワーク 第二回」「驚きのパワー!脂肪と筋肉が命を守る」
今回のテーマは「脂肪と筋肉」。これまで脂肪と筋肉は人体の臓器とさえ見なされず、軽く扱われてきたが、最近の研究で身体の中で重要な役割を果たしている臓器であることが明らかになってきた。実は脂肪は全身に情報を伝える特別なメッセージ物質を出している臓器である(番組では細胞から細胞へメッセージを伝える物質を、「メッセージ物質」と呼んでいる)。
これが脳に働きかけて欲望を操ったり、免疫の働きを左右したりしている。...
全部読む

10/1「人体・神秘の巨大ネットワーク 第一回」「長寿のカギは腎臓にあり」
最先端の科学が、腎臓の驚くべき姿を次々と明らかにしている。実は腎臓は、尿を作るだけでなく人体の司令塔の役割を果たしていて、全身の臓器に向かってメッセージを伝える物質を、常に出し続けている。腎臓のパワーを生かすことで、さまざまな病気の治療にも革新が起きている。番組では腎臓の最新事情を紹介する。

酸素が体内に不足すると、腎臓がエポ(EPO)という物質を出し、ほかの臓器に「酸素が欲しい」というメッセージを伝える。...
全部読む

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組