テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【トランプウォッチャー】

★『トップニュース』:8.18、米サイバー軍を昇格/8.18、バノン首席補佐官を解任/8.16、ホープ・ヒックス大統領補佐官を暫定的に広報部長に任命/8.15、インフラ建設承認の迅速化の大統領令に署名
1.
『トランプツイッター』(トランプのつぶやき)
2.『大統領公式ツイッター』
3.『トランプウォッチャー』(トランプの最新の発言と動き)
4.『トランプ大統領 首脳会談日程』
5.『署名された大統領令』
6.『トランプ政権チームの主な顔ぶれ』
7.『トランプ人事報道』
8.『トランプ政権閣僚一覧』

ドナルド・トランプ 『トップニュース』
8月18日、トランプ大統領は国防長官への覚書にサインをし、米国サイバー軍を国防長官から命令をくだせる統合軍に昇格させることを発表した。

8月18日、ホワイトハウスはスティーブ・バノン首席戦略官の解任を発表。バノン氏は保護主義的な貿易政策や強硬な不法移民対策などを推進してきた。
08/19 19:13 NHK総合 【ニュース7】米国・トランプ政権・陰の大統領・バノン首席戦略官辞任


8月16日、空席となっていた広報部長に大統領補佐官のホープ・ヒックスを暫定的に起用すると発表した。 ホープ・ヒックスは大統領選挙の際に広報担当秘書を務めていた。
08/18 08:58 テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】「白人至上主義」めぐり四面楚歌のトランプ大統領の救世主が…


8月15日、トランプ大統領は道路や橋などの主要なインフラ建設計画の承認手続きを迅速化する大統領令に署名した。
08/16 22:07 BSジャパン 【日経プラス10】インフラ承認を迅速化・大統領令


トランプ大統領大ピンチ
米国ではトランプ大統領が孤立を深めるきっかけとなった白人至上主義をめぐる衝突事件が起きてから1週間となるのに合わせて各地で抗議集会が行われ、ボストンでは約4万人が集まり、人種差別への反対を訴えた。

一方、この事件への対応をめぐってトランプ大統領は当初明確に白人至上主義を非難をしなかったことから批判をあび、政権の助言機関のメンバーが次々に抗議して辞任するなど、孤立を深めている。この日の集会についてトランプ大統領は偏見や憎しみに対して声を上げた多くの人達を称賛したいとツイッターに投稿し、人種差別を容認しない姿勢をアピールした。...
全部読む

バノン首席戦略官・解任される
米国ホワイトハウスは一時トランプ大統領の最側近とも言われ、政権内で強い影響力を発揮してきたバノン首席戦略官をトランプ大統領が解任したと明らかにした。
白人至上主義的な論調が目立つ保守系ニュースサイト「ブライトバート」の会長だったバノン氏は、大統領選挙でトランプ陣営の選挙対策本部の責任者を務め、選挙戦を勝利に導いた。

保護主義的な貿易政策や強硬な不法移民対策の推進者として知られ、政権発足後に中東など7か国の人の入国を禁じる大統領令を主導するなど“大統領の最側近”“影の大統領”とも言われてきた。...
全部読む

トランプ大統領誕生の背景(7月31日)
米国のトランプ大統領に対する評価は、今のところそう芳しくはない。
では、なぜそうした人物が、世界のリーダー国のトップとして誕生したのであろうか。

結論から言えば、世界や社会の価値観の流れが、「理想主義」と「現実主義」の相克の中にあり、時折どちらかの勢いが強くなるからだと言える。
2008年頃から、理想主義に満ち溢れていたオバマ前大統領のような考え方や振る舞いに対して、その出自までも含めて、米国国民も含めて世界の人々は賛同していた。...
全部読む

『時流』トランプ関連
『時流』より
トランプ大統領苦境に陥る(8月20日)
米国ではトランプ大統領が孤立を深めるきっかけとなった白人至上主義をめぐる衝突事件が起きてから1週間となるのに合わせて各地で抗議集会が行われ、ボストンでは約4万人が集まり、人種差別への反対を訴えた...

バノン首席戦略官・解任される(8月19日)
米国ホワイトハウスは一時トランプ大統領の最側近とも言われ、政権内で強い影響力を発揮してきたバノン首席戦略官をトランプ大統領が解任したと明らかにした。...
全部読む

『風の流れ』トランプ関連
『風の流れ』より
白人至上主義に反対する抗議集会・ボストンで4万人集まる(8月20日)
米国ではトランプ大統領が孤立を深めるきっかけとなった白人至上主義をめぐる衝突事件が起きてから1週間となるのに合わせて各地で抗議集会が行われ、ボストンでは約4万人が集まって人種差別への反対を訴えた...

トランプツイッター・「美しい銅像やモニュメントが撤去悲しい」物議呼ぶ(8月18日)
米国では12日、南部バージニア州で白人至上主義などを掲げるグループと、これに抗議するグループが激しく衝突、死傷者が出た。...
全部読む

『Globali』トランプ関連
Globali(グローバルアイ)より
世論調査:プーチンより低いトランプ米大統領の世界からの信頼度(2017/08/18)
8月17日の『Bloomberg』は、8月16日の『Pew Research Center』の記事を引用して、2月16日~5月8日までに37カ国の40,951人に対して行われたピューリサーチセンターの世論調査について報じている...

ベネズエラの動物園から動物の盗難が多発、食用目的か(2017/08/17)
ベネズエラの警察当局は、西部のスリア州の動物公園から動物が盗まれた事件を捜査していると発表した。...
全部読む

『Globali』トランプ関連(2016年12月~2017年4月)
Globali(グローバルアイ)より
米大統領就任100日を前に(2017/04/28)
ドナルド・トランプ米大統領は今月29日で「ハネムーン」期間と呼ばれる新政権の国民やメディアとの関係が様子見状態で支持率が高い傾向にある最初の100日を終えるが、トランプ氏は100日を振り返りインタビューで、大統領職は「これまでの人生よりもっと簡単だと思っていた」と心境を語っている。...
全部読む

トランプ大統領最新報道

署名された大統領令(Executive Orders)
8月15日
・インフラ建設認可の迅速化

7月19日
・インフラに関する諮問委員会の設置

7月11日
・スーダンへの制裁解除の判断を3ヶ月延長

6月30日
・National Space Councilの復活(国家宇宙委員会)

6月21日
・大統領令13597(2012年1月19日に署名)の改正(セクション2の(b)(ii)の削除→非移民のビザ申請者についての項目)
(※13597:Establishing Visa and Foreign Visitor Processing Goals and the Task Force on Travel and Competitiveness)

6月15日
・職業訓練の拡充と見直し(「見習い」制度)

5月11日
・政府機関と重要インフラのサイバーセキュリティ強化
・選挙不正調査の委員会の設立

5月4日
・宗教団体の政治活動制限を緩和

5月1日
・American Technology Council(ATC)の設立(米国の情報技術の促進)

4月29日
・貿易と製造政策の調査部署設置
・貿易不均衡の是正

4月28日
・北極海や大西洋の米国海域でのエネルギー資源採掘に関する規制の撤廃

4月27日
・退役軍人省への指示(報告義務強化と内部告発者保護(事務局の設置))

4月26日
・経済活動を妨げる国立公園などへの環境保護規制を再考
・教育関連の規制の見直し(教育省が地方教育機関の人事や教育課程の自治権を尊重し、連邦法規による管轄を緩和し、監視管轄を行う)

4月25日
・農務省に特別部会を設置

4月21日
・税負担を軽減するための調査

4月18日
・外国人就労ビザ厳格化(アメリカ人の雇用を優先)、及び、アメリカ製品の購入を優先

3月31日
・貿易赤字の原因調査や報告を指示
・反ダンピング関税などの関税徴収強化
・司法省の人事(2月9日のExecutive Orderの取り消し)

3月29日
・薬物中毒やオピオイド危機に対応する委員会の設置

3月28日
・米国産エネルギー開発の促進

3月27日
・オバマ前大統領が署名した連邦請負業者に関する3つのExecutive Ordersを廃止。...
全部読む

署名された大統領覚書(Presidential memoranda)
8月18日
・国防長官への覚書(アメリカサイバー軍を独立した統合軍として昇格)

8月15日
・輸出規制に関する国家緊急事態の継続

8月14日
・USTR(通商代表部)への覚書。(中国との貿易について)

7月29日
・レバノンに対して国家緊急事態法の継続
・レバノンについて議会へのメッセージ

7月19日
・国境を越えた犯罪組織に対する国家緊急事態の継続について米...
全部読む

トランプ大統領 首脳会談日程
7月13日
・フランス:エマニュエル・マクロン大統領(フランス・パリ)

7月7日
・ロシア:ウラジミール・プーチン大統領(ドイツ)
・メキシコ:ペニャニエト大統領(ドイツ)

7月6日
・日米韓首脳会談(ドイツ)
・ドイツ:メルケル首相(ドイツ)
・ポーランド:アンジェイ・ドゥダ大統領(ポーランド・ワルシャワ)

6月29日、30日
・韓国:ムン・ジェイン大統領(ホワ...
全部読む

日米首脳会談
2017年2月10日に行われた安倍首相とトランプ大統領の日米首脳会談では、日米同盟強化の方針と経済関係強化の方針で一致した。沖縄・尖閣諸島は米国による防衛義務の範囲内であることを確認。普天間基地移転問題は、辺野古への移設が唯一の解決策であることも確認された。


過去のニュース
(注:記事のリンク先はリンク切れの可能性があります) 8月11日夜(日本時間8月12日)、トランプ大統領は、グアム周辺に弾道ミサイルを撃つ実験を検討する北朝鮮について、中国の習近平国家主席と電話で会談をした。習主席は「関係各国は情勢を悪化させる言動を控えるべき」と強調し、北朝鮮と米国に自制を求めた。
08/12 17:30 フジテレビ 【FNNみんなのニュース】“北”に対する非難エスカレート・米中電話会談・挑発行為「やめるべき」
08/12 17:02 日本テレビ 【news every.サタデー】トランプ大統領・3度・北朝鮮に強く警告


JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.