JCCテレビプレス
特集 激動を読む
2017年11月22日(水)
最新TV速報
     
【激動を読む】
米国“北朝鮮をテロ支援国家に再指定” (11月21日)
中国の特使が北朝鮮を訪問し、帰国した。世界がその成果を注目していた。
そうした中、米国・トランプ大統領は20日、ホワイトハウスで行われた閣議の冒頭で、北朝鮮をテロ支援国家に再び指定したと発表した。

また、米国財務省が21日にも北朝鮮に対し大規模な追加制裁を発表することも明らかにし、圧力を一層強めていく姿勢を強調した。

米国政府は1988年に北朝鮮をテロ支援国家に指定、2008年に当時のブッシュ政権が北朝鮮の核開発計画の検証方法をめぐって北朝鮮と合意したのを受け、指定を解除していた。...
全部読む



北東アジア情勢(11月18日)
(沈黙守る北朝鮮・狭まる北朝鮮包囲網)

北朝鮮がミサイルを撃ってからほぼ2か月が経過し、北朝鮮は不気味な沈黙を守っている。一方で、核・ミサイル開発、拉致問題で北朝鮮に対する国際的包囲網が強化されている。トランプ大統領は北朝鮮のテロ支援国家の再指定を検討中で、ティラーソン国務長官はアフリカ諸国に北朝鮮への圧力強化を呼びかけた。また安倍総理は衆参両院の本会議の所信表明演説で、北朝鮮について「国際社会と共に圧力を一層強化していく」と強調した。...
全部読む


バノン前大統領首席戦略官が来日(11月18日)
バノン前大統領首席戦略官がトランプ大統領の後フォローするかのようにこのタイミングで来日した。
トランプ大統領にホワイトハウスを追い出された形のバノン氏だがトランプ大統領との関係は切れていないどころか、トランプ大統領への影響力はまだ強くあるとみられる。

バノン氏は「北朝鮮問題は膠着状態にはなく進行中だ」と語り、「トランプ大統領は軍事行動をしたがっているのではないし、軍事行動の選択肢は非常に限られている」と指摘した。...
全部読む

米国大統領・中国特使の北朝鮮派遣に期待(11月17日)
中国共産党で対外交流を担当している宋涛部長はきょう、習近平国家主席の特使として北朝鮮を訪問予定。

米国・トランプ大統領はツイッターで「中国が特使や代表団を北朝鮮に派遣する大きな動きだ。何が起きるか見てみよう」と書き込んだ。

大統領はアジア歴訪を総括する演説でも中国の影響力に期待を示している。
トランプ大統領としては“北朝鮮に対する国際的な包囲網を狭めるため、中国の協力が欠かせない”。


安倍首相・ハリス司令官に“日米同盟の対処力強化へ・より緊密に連携を”(11月16日)
安倍首相は日本を訪れている米国太平洋軍のハリス司令官と首相官邸で会談した。

安倍首相はトランプ大統領の訪日によって日米同盟の絆を強固にすることができたと述べ、北朝鮮情勢などを踏まえて地域の安全保障環境が厳しさを増しているとして、日米同盟の対処力と抑止力の強化に向けてより緊密に連携していきたい考えを示した。

ハリス司令官は海上自衛隊と米軍空母3隻が日本海で共同訓練を実施したことに触れ「トランプ大統領は日米同盟の重要性を強調しており、私も自分の役割を果たしたい」と応じた。

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 … 29
「激動を読む」内の検索
▲画面のトップへ
注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
注目番組