テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【激動を読む】

[最新記事]
国連総会・今日から首脳会談(9月19日)
朝鮮半島情勢・北朝鮮の挑発に翻弄される国際社会・北朝鮮がまたもや中距離弾道ミサイル発射(9月16日)
国連安保理の緊急会合・日本時間の16日早朝に開催(9月15日)

朝鮮半島情勢(9月9日)
(新たな国連決議案採決に向けてギリギリの駆け引きが続く)

9月3日ついに北朝鮮が北部プンゲリで6回目の核実験を実施し、北朝鮮は水爆実験に成功したと発表した。防衛省によると広島に落とされた原爆の約10倍相当の威力だという。国連安保理では日米が主導し新たな制裁決議案(北朝鮮への石油、石油商品、天然ガスの輸出禁止。金委員長の国外渡航禁止、金委員長の資産凍結)の11日の採決にむけて動いている。...
全部読む

米国の北朝鮮に対する追加制裁草案(9月7日)
北朝鮮が今月3日に6回目の核実験を強行したことを受けて米国は国連安保理で追加制裁を科す新決議の採択を目指していて6日、決議草案を安保理のメンバーに示した。

NHKの報道によると、決議の草案では、追加制裁について北朝鮮への石油、天然ガスなど輸出を全面的に禁止となっている。
金正恩朝鮮同労働委員長の海外資産を凍結、渡航も禁止としている。また、各国が北朝鮮労働者の雇用、北朝鮮企業との合弁事業も原則禁止としている。...
全部読む

国連安全保障理事会の緊急会合が開かれたが・・・(9月5日)
相次ぐ北朝鮮による核実験を受けて、国連による安全保障理事会の緊急会合が開かれた。

米国は近く北朝鮮に厳しい制裁を課す新たな決議案を示したのに対し、中国やロシアは制裁に消極的で制裁に歩み寄れるのか、予断を許さない情勢である。
緊急会合は日本、米国、韓国に加えて英国、フランスの5か国が要請して開かれた。

米国の新たな決議案の採択の見通しについては、北朝鮮は今月9日に建国記念日に合わせて再びミサイル発射の可能性もあることから各国は北朝鮮の出方に神経をとがらせながら、ぎりぎりの交渉にあたることになる。

北朝鮮を巡る各国の動き(9月4日)
北朝鮮が昨年9月9日以来、6回目の「核実験」をやり、朝鮮中央テレビで「大陸間弾道ミサイル(ICBM)装着仕様の水素爆弾の実験で完全に成功した」とする声明を発表した。

米トランプ大統領はすぐさまツイッターで、「北朝鮮の言動は、米国にとってとても敵対的で危険なままだ」と反応している。
中国も強烈な非難声明を出した。

明らかにレッドラインを超えた北朝鮮の暴挙に、今後米国はどう動くのか。中国は果たして石油の禁輸を実行できるのだろうか。...
全部読む

朝鮮半島情勢(9月3日)
(ついに北朝鮮が6度目の核実験)

北朝鮮の核実験場がある北東部のプンゲリ付近で韓国気象庁がマグニチュード5.7の地震を観測した。さらに米国地質調査所はマグニチュード6.3を観測した。通常の地震の波形と異なり、北朝鮮が6度目の核実験を行ったものとみられる。昨年は9月9日北朝鮮創建記念日に5度目の核実験が行われていたことがあり、9月9日を要注意日としてマークしていた矢先の出来事だったが、時期を前倒しにしたのは米韓合同軍事演習最終日で米国がB1爆撃機を投入したことへの報復とみられる。...
全部読む

過去の記事
1 2 34 5 6 7 8 9 10 … 20
「激動を読む」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.