JCCテレビすべて
特集 ファーウェイショック/米中覇権争い
2018年12月17日(月)
最新TV速報
【ファーウェイショック/米中覇権争い】

中国スマートフォン製造大手・最高財務責任者・カナダ当局が拘束(12月6日)
カナダの司法当局はスマートフォン製造大手の中国メーカー、ファーウェイのCFO最高財務責任者・孟晩舟の身柄を拘束したことを明らかにした。

カナダ当局は米国の要請によるものとしていて地元メディアはイランに対する制裁に違反した容疑ではないかと伝えている。

カナダの中国大使館はコメントを発表し、中国として断固とした反対と強い抗議を表明するとしている。

ファーウェイはスマートフォンの製造で米国のアップル、韓国のサムスンと並ぶ大手である。



トランプ大統領・米中協議決裂なら関税引き上げ(12月5日)
トランプ大統領はツイッターで「中国との貿易協議についておそらく合意するだろう」と投稿し期待感を示す一方で、「私は関税の男だ」と強調。交渉が決裂した場合は制裁関税を引き上げる方針を改めて示し中国を牽制した。

これを受けて、4日のニューヨーク株式市場のダウ平均株価は、一時800ドル以上値を下げた。



中国40%の輸入関税を撤廃(12月3日)
トランプ大統領のツイッターによると
「中国は、今40%が科せられている輸入米国車への関税を引き下げ、撤廃することに同意した。」
ということになるようだ。


米中首脳会談・米国・対中関税引き上げ一時見送り発表(12月2日)
米国のホワイトハウスは、アルゼンチン・ブエノスアイレスで米国・トランプ大統領と中国・習近平国家主席による首脳会談の結果、来年1月に中国からの2000億ドルの輸入品の関税を今の10%から25%に引き上げる一段と厳しい制裁措置を一時見送ることを発表。

米中の貿易摩擦が一層激しくなる事態はいったん避けられる見通しになった。



米国軍が航行の自由作戦を実施、中国をけん制か(11月30日)
米国軍の太平洋艦隊はイージス巡洋艦「チャンセラーズビル」が中国が軍事拠点化を進める南シナ海の島々の周辺に艦艇を航行させる「航行の自由」作戦を実施した。30日からアルゼンチンで開幕するG20サミットに合わせて行われる米中首脳会談を前に中国をけん制する狙いがあるとみられる。

今回は中国が実効支配する南シナ海の西沙諸島(パラセル諸島)周辺を航行。

太平洋艦隊は作戦について「海洋権益の過度な主張に対抗し、国際法で定められた航路を守るためのものだ」と述べ、中国の一方的な主権の主張や軍事拠点化を認めない姿勢を改めて強調した。...
全部読む


過去の記事
1 ... 2 3 4 . 10 20 30 . 67

「ファーウェイショック/米中覇権争い」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組