JCCテレビすべて
特集 米中覇権争い
2020年09月19日(土)
最新TV速報
【米中覇権争い】

株式市場を直撃(1月5日)
(米中覇権争いの影響が年始の株式市場を直撃)

2019年1月4日の日経平均株価は2万円を割り込むなど、米中覇権争いの影響が年始の金融株式市場を激震させている。引き金となったのはアップル社のティムクックCEOの発言で、アイフォーンの販売が期待されていた中国で振るわず、18年10-12月期の売り上げが事前の予想に届かないことを発表したことだった。アイフォーンの年間販売台数は約2億台であり、このうちの5000万台が中国での出荷台数で、アップル社にとって中国は最も重要な市場となっている。...
全部読む


国交樹立40年で談話発表・中国“米国との対立回避を”(12月31日)
中国外務省の陸慷報道官が、米国との関係について談話を発表し、貿易摩擦などを念頭に「これ以上対立を深めたくない」という考えをにじませた。

談話は40年間に両国の人の往来や貿易が活発になったとして、関係の発展はアジア太平洋地域と世界の平和と安定、繁栄を促進したと強調している。

その上で陸報道官は、両国の貿易摩擦などを念頭に「理性的、かつ客観的に互いの戦略上の意図を捉え、意思疎通を強化し、相互信頼を増進し、誤った判断をしないようにする必要がある」としている。...
全部読む


米国・中国・首脳が電話会談・トランプ大統領・”大きな進展”(12月30日)
トランプ大統領は29日、ツイッターに「中国の習近平国家主席と、とても良い電話会談を行った。

交渉は順調に進んでいる。交渉がまとまれば、非常に包括的な全ての議題を含むものになるだろう。大きな進展がなされている」と書き込んだ。

両国は関税を巡る問題や、知的財産権の侵害などについて、来月協議を行うことにしている。

中国との貿易摩擦への不安を背景に、各国の市場で株価が大きく下落するなど影響が広がる中、交渉は順調だと印象づけたい思惑もあるとみられる。...
全部読む



中国・カナダ人裁判・審理やり直し命じる(12月30日)
中国で先月、麻薬を密輸したとして懲役15年の判決を言い渡されたカナダ人の男の裁判で、二審にあたる中国の裁判所は、一審の判決は軽すぎるという検察の主張を認め、審理をやり直すように命じた。

中国では通信機器大手、ファーウェイの副会長がカナダ当局に逮捕されて以降、カナダ人の拘束が相次いでいて、今回の決定も報復措置ではないかとの見方が出ている。


ファーウェイ事件から米中ハイテク戦争へ・その背景には(12月29日)
(米中ハイテク戦争の引き金を引いたファーウェイ事件)

今年9月、ファーウェイのCFOがカナダで逮捕されたことがきっかけになって、米中貿易戦争が米中ハイテク戦争のフェーズに突入した。今年4月にイランや北朝鮮への禁輸措置を破ったとの名目で、中国国営企業ZTEが米国企業との取り引きができなくなった。これによりZTEはインテルやクアルコムなどから半導体を調達できなくなり、一時は倒産寸前まで追い込まれた。...
全部読む


過去の記事
1 ... 40 41 42 . 50 60 70 . 109

「米中覇権争い」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組