JCCテレビすべて
特集 次世代の動き
2019年12月10日(火)
最新TV速報
【次世代の動き】
経団連・就活禁止“廃止”・日本型慣行変わるか(9月22日)
今月、「経団連が採用日程に関して采配すること自体に違和感がある」と述べていた経団連・中西会長は大学生の採用面接の開始時期などの指針を廃止する考えを示していた。

経団連は来月9日に開く会議で2021年春の入社から指針を策定しないことを正式に決める方針である。

政府は来月協議会を立ち上げ新たなルールについて議論を始める方針だ。

世耕弘成経産相は「学生の不安をできるだけ早く解消するという観点から経団連と大学側の議論を聞いてしっかりと対応していきたい」と話した。...
全部読む


プラ製ストロー提供禁止・米国初の州による規制(9月21日)
プラスチック製ストローを廃止する動きが広がるなか米国・カリフォルニア州は20日、レストランで客に提供することを規制する法案を成立させた。
対象にファストフード店は含まれていない。

2回目まで警告、3回目から店に25ドル(約2800円)の罰金となる。
法律の施行は来年1月からの予定である。


「スペースX」が発表・民間初“月旅行”に日本人が契約(9月18日)
世界初となる月の周回旅行の契約を日本人と結んだとスペースXが発表するのではないかと言われている。
その日本人はゾゾタウン・前澤友作氏ではないかと推測情報が流れていた。

前澤氏は、「月に行くことにしました。アーティストと共に。」とツイッターに書き込みをした。





水素エネルギーで動く・次世代の電車実用化(9月17日)
次世代のクリーンエネルギーとして注目される水素エネルギーを使った燃料電池で動く最先端の電車がドイツで実用化。今月からの営業運転を前に報道陣に公開された。

ドイツ・ニーダーザクセン州の鉄道会社が導入し、電車を開発したのはフランスのメーカー・アルストム。ブパールラファルジュ・アルストム最高経営責任者は「乗車して体感してほしい」とコメントした。

パンタグラフが無い電車の時代に戻るかも知れない。...
全部読む


NASA・氷山の融解観測用にレーザー光センサー付き衛星を打ち上げ(9月16日)
NASAは、9月15日に地球温暖化による氷山の融解の程度を観測するため、精密なレーザー光センサーを備えた観測衛星、ICESat-2をカリフォルニア州のバンデンベルグ空軍基地から打ち上げた。

この観測衛星は、0.5トンの重量であるが、10億ドル(=1100億円)の費用を投じられており、地球温暖化の極地での氷山の融解に及ぼす影響をつぶさに観測するという重要な任務を担っている。


詳しくは:Globaliをご参照下さい。


過去の記事
1 ... 9 10 11 . 20 30 40 . 43

「次世代の動き」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組