JCCテレビすべて
特集 次世代の動き
2019年10月22日(火)
最新TV速報
【次世代の動き】
逆風のファーウェイは今(8月29日)
中国の通信機器大手・ファーウェイに対してトランプ大統領は許可のない取引を禁止している。ファーウェイ・任正非CEOから社内に通知された文章によると、最も危機的な時期を乗り越えて新たな軍隊を生み出し世界制覇すると書かれている。

米国政府の締め付けに対抗するために今アピールしているのが5Gの高い技術力だ。

優れた技術を低価格で取引できるとして取引拡大を図っている。米国の規制対象外の韓国や英国など30か国と契約を結んだ。...
全部読む


「唾液でがん検査」保険会社出資へ(8月23日)
日本生命とSOMPOホールディングスは今月中にも慶応大学の研究所が設立した「サリバテック」(山形県)にそれぞれ数億円出資する方針だ。

検査で早期にがんを発見できれば契約者のためになる上、保険会社も保険金の支払いが減って収益の拡大が期待できる。

今後、検査を受けた人には保険料を安くする保険商品の開発などを検討する見通しである。


暗号資産「リブラ」G7の会議で“規制”議論へ(7月17日)
フェイスブックが来年発行計画している新たな暗号資産「リブラ」。懸念の声が上がっている。フランスパリ郊外で日本時間の今夜から開かれるG7・主要7か国の財務相中央銀行総裁会議でリブラが初めて取り上げられる。

リブラは銀行口座がなくても、スマートフォンで国境を越えた送金や決済が行えるようになる。ビットコインなどの暗号資産は価格が大きく変動した。

リブラは利用者が手に入れる際に支払うドルや円などフェイスブック側が預金や短期国債などで運用。...
全部読む



中国初の知能衛星「天智1号」のミッションは何なのか(7月6日)
知能衛星とは、ソフトウェアデファインドサテライト(SDS)と言い、ソフトウェアによってコントロールされる衛星とでも言うのか。宇宙情報システムの構築という新しいコンセプトで、ソフトウェアと無線通信技術を用いて運用される次世代の人工衛星系統のようだ。宇宙スペースをベースとしたコンピューティングプラットフォームと汎用オペレーティングシステムの環境を介して誰にでも応用できるオープンなシステム構造となっているのが特徴のようだ。...
全部読む


米国の水道管の救世主!注目の日本人経営者(6月20日)
米国では橋や道路の陥没などインフラの老朽化による事故が深刻化、中でも多いのは水道管の破裂事故。そこで水道管をいつ更新すべきか的確に予想する日本のベンチャー企業「フラクタ」(カリフォルニア州シリコンバレー)が注目されている。

代表の加藤崇CEOはAI人工知能で水道管の破損状況を予測するシステムを手がけている。AIに100種類以上の環境データを機械学習させ、劣化状況を予測させる。水道管は設置された環境で寿命が大きく変わる。...
全部読む


過去の記事
1 2 3 ... 10 20 30 ... 43

「次世代の動き」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組