JCCテレビプレス
特集 日本ファーストの会設立
2017年12月13日(水)
最新TV速報
     
【日本ファーストの会設立】
若狭氏・政党名は「日本ファーストの会」ではなく別の名称になる(8月12日)
日本ファーストの会の若狭氏は、政党名は「日本ファーストの会」ではない名称を考えていると発言した。
小池都知事とは、「互いに連携を取ってやってゆく考えだ」とも声明した。

また民進党を離党した、細田豪志氏などと政策などをすり合わせ、10月にもあると言われている衆議院の解散にも間に合うように準備してゆくとも決意を述べた。

日本ファーストの会若狭氏、細野豪志氏と会談(8月12日)
民進党を離党した細野元環境大臣と、東京都の小池知事に近く、政治団体日本ファーストの会の若狭衆議院議員が昨夜会談した。

新党結成も視野に政策面で一致できるのか意見交換し、地方自治や情報公開、受動喫煙規制などでは考え方に違いがないことを確認した。
そしてそのほかの政策についても一致できるか協議を重ねていくことを確認した。

細野元環境相は、政策のすり合わせは簡単にはできないが、あわてずに着実に話をしていくのが良いのではと話した。...
全部読む

小池都知事最新ニュース


「日本ファースト」命名の謎(8月8日)
7日、小池知事の盟友である若狭勝衆院議員が立ち上げた政治団体である「日本ファーストの会」の命名を聞いた瞬間に、大きな違和感が襲った。
米国のトランプ大統領の向こうを張ったような命名に酷く驚いた。
その理由は、「国民ファーストの会」という名称の政治団体が、既に誰かによって設立されていたというものだった。
それにしても、名は体を表すで、「日本ファーストの会」では今後の政党としての発展は期待できない。...
全部読む

日本ファーストの会設立(8月7日)
若狭勝衆議院議員が自らが代表を務める政治団体「日本ファーストの会」の設立を発表した。

若狭議員は「日本ファーストの会を7月13日に私が代表として設立した。これからの政治はプロだけでなく幅広い人材のもとで行われるべき」と述べた。
また「輝照塾」という政治塾を立ち上げて国政進出に向けた候補者集めを開始する。来月16日の初回の会合には小池都知事を講師として招く考えを示した。

外国特派員協会での記者会見(8月4日)
前半


後半



外国特派員協会での記者会見を生中継(8月3日)
8月3日、14時30分から外国特派員協会で行われる記者会見を生中継する。
movienews:http://jcc.jp/movienews/02971/

みんなでラジオ体操プロジェクト(7月25日)
東京五輪・パラリンピックに向けて、“みんなでラジオ体操プロジェクト”がスタート。7月24日に都庁でキックオフイベントが開催された。

小池知事は「(ラジオ体操が)国民の心をひとつにするムーブメントとして、スポーツに親しむ生活が2020年のレガシーになるように。みんなで汗を流していきたい」と話した。


小池都知事ノリノリ(7月11日)
いつになくノリノリの小池百合子東京都知事。歌手のピコ太郎とPPAPのリズムにのり、呼びかけた取り組みは、LED電球に無償交換。家庭で使用中の白熱電球2個以上とLED電球1個を無償交換できるというもの。

東京都によると、予算18億円というプロジェクトだが、100万個の白熱電球をすべてLED電球に交換した場合、年間で約23億4000万円分の電気料金削減となる。
小池知事の代名詞“クールビズ”から12年、再び放たれた小池知事肝いりの省エネ政策。都内の電気店(約830店舗)で交換可能。

家電量販店では交換不可。白熱電球2個以上とLED電球1個が交換できる。白熱電球:家庭で使用中の36W以上、1つは口金サイズがE26。LED電球:60Wまたは40W形相当、口金サイズE26。きょうから「時差BiZ」という取り組みも始まる。

LED電球・無料交換(7月10日)
東京都は省エネを促進するため、家庭にある白熱電球2個以上を都内の電器店に持ち込むとLED電球1個と無料で交換できる取り組みを今日から始めた。
東京都庁では小池都知事とピコ太郎が出席し、セレモニーが行われた。小池都知事とピコ太郎がPPAPの音楽に合わせコミカルに踊る動画も公開されている。

若狭勝衆院議員・年内に「国民ファースト」立ち上げの動き(7月9日)
東京都議会議員選挙で都民ファーストの会を支援し、自民党を離党した若狭勝衆院議員は東京都内で記者団に対し「二大政党制の受け皿を作るべきだ」として、「都民ファーストの会の主張反映した国政政党を年内には設立したい」との考えを示した。
東京都・小池知事率いる都民ファーストの会は東京都議選で圧勝したことを受けて、若狭衆院議員は「都民ファーストの会が打ったええいたことを国民レベルでも訴えていく必要性があるのでは」と述べ、「そのまま一気呵成に作ることが大事で、来年、再来年ということになると」、「都民の声が国政に反映されないままずるずると時が過ぎてしまう。年内には何らかの動きがあるのではないか」と述べた。

都議選後の定例会見(7月7日)
小池都知事は7日、都民ファーストの会から55人の当選者を出して大勝した都議選後初となる定例会見を行った。

都民ファーストの会の運営方針として、自由闊達な論議をしても結論が出たならば、党として“ワンボイス”組織に従っていただくと語った。

市場移転のスケジュールについて、各業界から要望を精査中で関係各所に連携を取るように指示を出している。費用負担についても分析している。と述べた。

都民ファーストの会の代表辞任の経緯について、「二元代表制への懸念を持たれる人への配慮」と答えた。...
全部読む

次は狙いは「国民ファーストの会」か?(7月3日)
昨夜開票が行われた東京都議会議員選挙。小池知事が率いる都民ファーストの会は、49議席を獲得し追加公認を含めると55議席となり第一党へ。また公明党も23人全員当選。小池知事を支持する勢力が過半数の64議席を大幅に上回る圧勝になった。

本日午前中に、小池都知事は、その都民ファーストの会の代表を辞任し、都知事の職に専念すると宣言した。
この判断は、「見事」だと感じた。二元代表制の意味を良く分かっているといえる。...
全部読む

小池新党により日本の政治構造が変わるか(7月3日)
またまた「小池政治劇場」が始まった。
小池百合子知事が率いる都民ファーストの会が第一党となり、小池知事を支持勢力が過半数の議席を獲得し圧勝した。

1993年に細川護煕元首相時、都議選で日本新党が2議席から20議席に躍進し、21日後に行われた衆院選で、「非自民連立政権」に至った現象を思い出させる。

小池知事の洞察力や判断力、そしてその行動力は、他の政治家にみられない凄味がある。
この結果、今後の政治的動きが大きく変わって行く、可能性が出てきた。...
全部読む

都民ファーストが第1党(7月2日)
東京都議会議員選挙は小池都知事が率いる都民ファーストの会が圧勝し、第1党となった。公明党など小池都知事を支持する勢力が、過半数の議席を獲得することが確実となった。


小池知事を追う(6月30日)
都民ファーストの会 代表 小池百合子
6月30日(金)15:30-16:00
都議会議員選挙 荒木ちはるの応援演説

都議選の選挙結果に影響は避けられない(6月30日)
安倍首相の側近である自民党の下村博文幹事長代行が自民党本部で会見を開いた。きっかけは週刊文春で、下村事務所の内部文書を入手したとした上で、2013年と2014年に加計学園が下村幹事長代行の後援会のパーティー券200万円分を購入したと報じた。

政治資金規正法では20万円を超すパーティー券の購入は政治資金収支報告書に購入者の記載を義務付けているが、記載はなかったなどと指摘している。
下村氏は2012年から約3年間、文部科学大臣を務めた。...
全部読む

都議選の応援演説で「自衛隊」等の応援要請(6月28日)
稲田防衛大臣は昨日夕方、東京都議会議員選挙の自民党候補の応援演説で「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いをしたいと思っている」と述べて投票を呼びかけた。

自衛隊法は隊員の政治的行為を制限しているとして、稲田大臣は昨夜遅く発言を撤回した。
その上で稲田大臣は「防衛省、自衛隊に限らず政府の機関は政治的にも中立であって特定の候補者を応援することはあり得ない」と述べた。
また記者団が発言の責任をとって防衛大臣を辞任する考えはないか質問したのに対し「しっかりと職務をまっとうして参りたい」と述べ辞任しない考えを示した。...
全部読む

投票まであと5日(6月27日)「小池都知事応援に駆け付ける」
世田谷区では都民ファーストの会・小池百合子代表が応援に駆けつけた。
小池都知事はきのう公明党11ヶ所、都民ファーストの会3ヶ所、計14ヶ所の応援を行った。
公明党・山口那津男代表は「都政と進めるためには知事だけがんばっても前に進まない」と話した。
都議会公明党は自民党との連立解消を表明し都民ファーストの会との連携を発表している。
これについて自民党議員からは都合のいい話だと批判の声も。
民進党・蓮舫代表は安倍首相について「説明責任を果たさず仲のいいメディアには話す。...
全部読む

投票まであと5日(6月27日)「安倍首相応援演説する」
安倍首相が昨日初めて選挙区入りし都議選の応援演説を行った。
共産党の志位委員長は24日の演説で「安倍首相も菅官房長官も萩生田官房副長官も誰ひとり都民のみなさんの前で訴えることはなかった。
森友疑惑に続く加計疑惑。国政の私物化がひどいのではないか」と話した。
その翌日、菅官房長官が応援演説を行い、昨日は安倍首相が東京文京区で応援演説を行った。
また東京・文京区で応援演説に立った安倍首相は国会に関して「売り言葉に買い言葉はいけない。...
全部読む

投票まであと5日(6月27日)「各党飛び回る」
東京都議会議員選挙の投開票まであと5日。東京都・小池知事に対し各党らが幹部らを相次いで投入する激しい選挙戦となっている。
小池知事は都民ファーストの会と選挙協力をしている公明党候補者を中心に応援演説に飛び回る。
小池知事は自身の人気をいかに候補者の得票に結びつけるかが課題だと話す。迎え撃つのは都議会最大会派の自民党。しかし加計学園の獣医学部開設を巡る問題などが選挙戦に響いている。参議院自民党が初めて独自で都議選選対本部を設置。...
全部読む

JNN世論調査では(6月26日)
7月2日に投票が行われる東京都議会議員選挙について、JNNでは都民を対象に世論調査を行った。その結果、都民ファーストの会と自民党が激しく競り合う展開となっていることが分かった。

今回の選挙について:大いに関心がある34.3%、ある程度、関心がある46.5%、あまり関心がない15.2%、全く関心がない3.6%。

投票先について(投票先を決めている約4割の都民):都民ファーストの会26.7%、自民党25.9%、共産党13.0%、公明党12.3%、民進党8.4%、生活者ネット1.6%、維新の会0.9%。...
全部読む

都議会選挙告示される(6月23日)
東京都の小池百合子知事就任後、初めて行われる東京都議会選は、国政選挙並みの態勢で臨むなか、小池知事が率いる地域政党など知事を支持する勢力が都議会の過半数の議席を獲得するかが注目される。

任期満了に伴う都議会選挙は今日告示された。42選挙区・定員127に対して、今のところ250人余りが立候補を予定しているとみられる。
立候補予定者数(自民党60、公明党23、共産党37、民進党23、都民ファーストの会50、東京生活者ネットワーク4、日本維新の会4、社民党1、諸派・無など50人余)が想定されている。...
全部読む

小池知事を追う(6月20日)「豊洲と築地を両立させる」
築地市場移転問題で、東京都の小池知事は豊洲市場に移転させる考えを示した上でブランド力のある築地市場は再開発して市場機能を確保し5年後をめどに食をテーマとした一大拠点とする基本方針を表明した。

小池知事は「豊洲と築地を両立させることが最も賢い使い方では」と述べている。一方、地下水から環境基準を上回る有害物質を検出されるなどの問題が指摘された豊洲市場について「地下空間の追加対策について専門家会議でも示唆があったところ」であると述べ、その上で豊洲市場の物流機能を強めていくとした。...
全部読む

日本共産党委員長・志位和夫の会見
6月20日、外国特派員協会での会見


自民党東京都連会長・下村博文の会見
6月20日、外国特派員協会での会見



民進党東京都連会長・松原仁の会見
6月19日、外国特派員協会での会見



小池知事を追う(6月17日)
小池百合子都知事が築地市場を訪問した。市場関係者ら128人を前に、豊洲市場の地下水などの有害物質を環境基準値以下にする無害化が達成できていないことについて「約束を守れないことは都知事としておわび申し上げる」と陳謝し頭を深々と下げた。会場では賛否両論の意見が出たが、終わった後には笑顔で握手した。この後、会見で記者が「方向性を示すのは来週中と言われているが」という質問をしたのに対し、小池都知事は「来週って誰が言いました?」と述べた。小池知事は「AかBかという観点だけでなく、これまで育ててきたブランドをどう守って、革命的に流れている物流をどうするのか、鳥の目で決めたい」と述べ、築地か豊洲か二者択一ではないことを強調した。


都知事が果たしてどのような判断を下すのかが注目される。

小池知事を追う(6月16日)
定例会見後、小池百合子都知事は「多角的に分析ができて良かったと思っている」と歩きながら発言したが、この発言について記者が「事実上の(豊洲)移転宣言にもとれますが」と質問したところ、小池百合子都知事は「は?」と答えただけだった。

▲画面のトップへ
注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
注目番組