JCCテレビプレス
特集 脚光浴びる将棋
2017年12月15日(金)
最新TV速報
     
【脚光浴びる将棋】
王座戦1次予選結果(9月20日)
9月20日(水)王座戦1次予選で、藤井四段は63手で小林九段に勝利した。

王座戦は、今期のタイトル戦が佳境で、羽生王座が2連敗のカド番となっている。
今日の1次予選は、来季の王座戦挑戦者を決めるための予選である。

順位戦結果(9月14日)
9月14日、順位戦C級2組4回戦で、藤井四段は佐藤慎一五段と対戦。23時2分、119手で先手の藤井四段が勝利した。藤井四段はこれで順位戦4連勝。

次戦は順位戦(9月8日)
藤井四段の次の対局は、9月14日、C級2組順位戦4回戦。相手は佐藤慎一五段。
C級2組は、全10回戦のリーグ戦で、50人中上位3名が昇級の狭き門、ただし10戦全勝なら3名以上いた場合でも昇級する。
4回戦は半分終了しており、4戦全勝は3人、3戦全勝は藤井四段を含め4人。

新人王戦結果(9月7日)
新人王戦準々決勝は、18時、121手で先手の佐々木四段が勝利した。

佐々木大地四段は、C級2組所属の22歳。プロ入りは藤井四段より先だが、C級2組での順位は下である。これは、プロ入りと昇級の経緯によるもの。
通常、プロ四段になるのは奨励会三段リーグの上位2名だが、次点の成績を2回とった場合、フリークラスでのプロ編入の権利を取得できる。佐々木四段はこの権利でプロ入りした。
その後、所定の成績でフリークラスからC級2組に昇格し、その時期が藤井四段より後だったため、順位が下になっている。...
全部読む

新人王戦(9月4日)
藤井四段の次の対局は、9月7日(木)新人王戦準々決勝、対戦相手は佐々木大地四段。

過去の記事
1 2 3 4 56 7 8 9 10 … 13
「脚光浴びる将棋」内の検索
▲画面のトップへ
注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
注目番組