JCCテレビすべて
特集 フィギュアスケート
2020年02月17日(月)
最新TV速報
【フィギュアスケート】
ザギトワ・引退と活動停止を否定(12月16日)
平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手はロシア国営放送に出演し、今月24日からのロシア選手権や来年1月のヨーロッパ選手権には出場しないとコメント。ロシアの一部メディアは「事実上の引退」と報じた。

しかし、ザギトワは「テレビ出演で不安で自分の考えをはっきり伝えられなかった」「活動休止・引退は一切考えていない」「常に表彰台に立ちたい。そのためにハードなトレーニングが必要」と発言の真意についてインスタグラムで明かした。休養は一時的なものだと思われる。

この投稿をInstagramで見る

После эфира на Первом канале мне приходит много вопросов о том, «что означает мое интервью», и «почему я завершила карьеру». Я очень волновалась, но все же четко донесла свои мысли, которые впоследствии были по-разному интерпретированы другими СМИ: «Я приостанавливаю свое участие в соревнованиях. Я никуда не ухожу, но я не участвую в чемпионате России и без отбора не претендую ни на чемпионат Европы, ни на Чемпионат мира, потому что я всегда отбираюсь по спортивному принципу». Для меня фигурное катание –это моя жизнь, и большой спорт –то, ради чего я работала и продолжаю работать каждый день начиная с 4 лет. Все мои достижения, включая Олимпийское золото🥇и золото ЧМ🥇, не случайны, мы с моими тренерами проделали огромную работу, за что я им буду благодарна всю свою жизнь, и я не планирую останавливаться и тем более «уходить». Ни о каком «уходе» или «завершении» я даже не думаю. Как спортсмен, добившийся всех возможных первых мест, я хочу быть на высшем пьедестале, а для этого мне надо тренироваться еще больше и еще сильнее. Я по-прежнему в сборной России и по-прежнему могу выступать за свою страну на международных соревнованиях. Я продолжаю свой «фигурный» путь с поддержкой моих тренеров. Following my latest TV appearance I am getting a lot of questions. For me Figure Skating is all about what I always worked for and continue working for since I was 4 years old. Forever I will be very grateful to my coaches for the tremendous job we have done and I am not planning either to stop or retire. I am still part of team Russia and still I can take part in international competitions for team Russia. I am continuing my figureskating way with the great support from my coaches ❤// 先日のテレビ出演後、「一体どういうことか」「なぜ引退したのか」という多くの質問を頂いています。 テレビ出演の際、私は不安で、自分の考えをはっきりと伝えることができませんでした。 私にとって、フィギュアスケートは私の人生そのものであり、プロフェッショナルなスポーツ選手になるために、4歳から常に努力を続けてきました。オリンピックの金メダル🥇を含む、私のすべてのタイトルは偶然ではありません。コーチ陣に対し、私たちが一緒に成し遂げたことへ、一生感謝し続けたいと思っています。そして、私は活動休止も「引退」するつもりもありません。休止すること、引退することは、一切考えていません。フィギュアスケートにおいて、可能な限りすべてのタイトルを獲得したアスリートとして、私は常に表彰台の一番上に立ちたいですし、そのために、さらにハードなトレーニングをする必要があります。私は、今もなお、ロシア代表の一員であり、ロシア代表として国際大会に出場できます。引き続き、コーチの皆様、パートナーの皆様、ファンの皆様❤からの素晴らしいサポートとともに、私のフィギュアスケート人生⛸😁を続けていきます。

Alina Zagitova(@azagitova)がシェアした投稿 -





羽生結弦2位・ネイサンチェンが世界最高得点で優勝(12月7日)
フィギュアスケートグランプリファイナル、男子フリーが行われた。

羽生結弦は194.00点を獲得し、合計で291.43点で2位になった。

SP1位のネイサン・チェンは224.92を獲得し、世界最高得点の335.30点で優勝した。


グランプリファイナル・羽生結弦・ショートプログラム2位(12月6日)
イタリア・トリノで、フィギュアスケートグランプリファイナルが開幕。

男子ショートプログラムで羽生結弦は97.43点で2位となった。1位はネイサン・チェンで110.38点だった。


NHK杯・羽生結弦が3年ぶりに優勝(11月23日)
NHK杯フリープログラム男子は羽生結弦は195.71点を獲得し、305.05点となり、3年ぶり4回目の優勝した。2位はケビン・エイモズ(フランス)、3位はローマン・サドフスキー(カナダ)。羽生結弦とケビン・エイモズはグランプリファイナル出場が決まった。

女子は紀平梨花が151.95点を獲得し、231.84点で2位となった。アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が優勝。アリーナ・ザギトワ(ロシア)は3位。コストルナヤと紀平梨花とザギトワはグランプリファイナル出場が決まった。


NHK杯・羽生結弦SP首位(11月22日)
フィギュアスケートグランプリシリーズ・NHK杯、羽生結弦は109.34点で首位。羽生は2位のケヴィン・エイモズが91.47点だったため大差での首位となった。

日本勢では島田高志郎が6位、山本草太が7位だった。


過去の記事
1 ... 2 3 4 . 10 20 . 23

「フィギュアスケート」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
最新の画像  営業マン横道日記
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組