JCCテレビすべて
特集 中国ウォッチャー
2019年11月15日(金)
最新TV速報
【中国ウォッチャー】
中国・固定資産投資の伸び率・最低に(11月14日)
中国の国家統計局は、先月の主要な経済指標を公表した。

ことし1月から先月までのインフラや製造設備など固定資産への投資の累計は去年の同じ時期に比べて5.2%の伸びにとどまった。

伸び率は前の月と比べて0.2ポイント縮小して4か月連続で鈍化し、記録が確認できる1998年以降で最も低くなった。

製造業の投資は2.6%の小幅な伸びになっていて、米国との貿易摩擦の影響で民間企業などの投資意欲が鈍っていることをうかがわせている。...
全部読む


中国の10月の消費者物価指数3.8%上昇、豚肉価格の高騰で(11月12日)
 中国国家統計局が9日発表したところによると、10月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比3.8%上昇し、上昇幅は前月より0.8ポイント拡大した。アフリカ豚コレラの影響で豚肉の生産量が減り、豚肉価格が2倍に上昇したことが影響している。

 交通銀行金融研究センターの劉学智研究員によると、豚肉価格を除いた上昇幅は1.4%であり、食品以外の消費者物価は0.9%下がっていて、食品価格と非食品価格の二極化が進むものと思われるという。...
全部読む


中国・“独身の日”取引額過去最高4兆円超(11月12日)
独身の日のセールで取引額が過去最高を更新した。

11月11日は1が4つ並ぶことから中国では「独身の日」と呼ばれてネット通販の大型セールが恒例となっている。

アリババグループの取引額は4兆1000億円で過去最高となった。米中通商摩擦で中国経済の不透明感が漂う中で値引きによる販売促進策が消費マインドを刺激した。



独身の日で日本企業も一攫千金(11月11日)
中国の消費動向を左右するイベント「独身の日」に、日本企業も目をつけている。

資生堂や花王など、中国市場を重視する日本の大企業が力を入れているが、日本の中小企業も果敢に挑んでいる。日本円で40万円を超える高級美顔器を開発したのは岐阜県に本社がある、従業員およそ100人の中小企業「ARTISTIC&CO」。

もともとはエステサロン向けの機器を手掛けていたが、おととしアリババと提携し、中国の個人向け通販に参入した。...
全部読む



測位衛星や海底ケーブルも抑えにかかる(11月9日)
中国は2030年にも米国を抜きGDPで世界1になるとみられている。だが、米国がそのことよりもはるかに脅威感を抱いているのは中国が官民一体となって推し進めている技術革新分野である。中国は「中国製造2025」を掲げ、こうした技術革新によって陸・海・空に加えて宇宙を基盤にした力で大中華圏を作ろうと画策していることである。例えばGPSに代表される測位衛星技術分野においてすでに中国は圧倒的なイニシアティブを握っている。...
全部読む


過去の記事
1 2 3 .... 10 20 30 .... 79

「中国ウォッチャー」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組