JCCテレビすべて
特集 中国ウォッチャー
2020年08月06日(木)
最新TV速報
【中国ウォッチャー】
省別の上半期の成長率発表 ~湖北省は19.3%減~(7月30日)
 16日に中国の上半期のGDP成長率が1.6%減(第二四半期のみでは3.2%増)との発表があったが、このほど省別の上半期の成長率が出そろった。新型コロナウイルスの発生源ではないかとされ、中国で最初に都市封鎖された武漢を擁する湖北省は19.3%減と大幅な減少となっている。

 トップ5のなかでは江蘇省(0.9%増)と浙江省(0.5%増)はかろうじてプラス成長であったが、1位の広東省は2.5%減だった。...
全部読む


中国・感染再燃か・検査巡り殴り合いも(7月30日)
中国・大連市でPCR検査の列に男が割り込み、この男を含む4人が検査スタッフを殴るなどしたとして公安当局に4人が拘束された。

27日には市内の団地で管理会社が敷地内に住民以外の人を入れての検査実施を試み、住民ともみ合いになった。

中国では約3か月半ぶりに新規感染者が100人を超え101人となった(中国国家衛生当局調べ)。



中国・ブータン東部に領有権主張(7月23日)
国際機関「地球環境ファシリティ」の議事録によると、6月の会合で中国側代表がブータン東部「サクテン野生生物保護区」について中国との国境協議で議題の係争地帯だとして領有権を主張した。

ブータン側代表は“保護区は不可分の領土で議題に上ったことはない”と反論した。ブータン政府によると広さ650平方キロメートルで観光客も受け入れている。

両国は国境が確定しておらず協議を重ねてきたが、複数の専門家によると東部は対象外だったということで、中国による領有権の主張は公式には初めてとみられる。...
全部読む


AIを活用!中国式コロナ対策(7月17日)
今や中国で当たり前の光景になった自動で体温を測定するシステムだが、中国全土でさまざまな分野から企業が開発に参入している。

監視カメラの“顔認証技術”を政府機関にも提供してきた大手IT企業もその1つだ。

培ってきたAI(人工知能)の分析技術を応用し、カメラがひとりひとりを認識して体温を測定する。
入館者の顔の情報を併せて管理することもできるシステムだ。検温の制度も売りになっている。
マスクをしていてもAIが額の場所を瞬時に判断し、誤差は「0度3分以内」を実現したという。...
全部読む



中国の第二四半期のGDP3.2%増(7月16日)
 中国の国家統計局は16日、上半期の経済統計を発表したが、第二四半期のGDPは前年同期比3.2%となり、予想より回復の幅は大きく、第一四半期のマイナス6.8%からプラスに転じた。ただし上半期では1.6%減にとどまっている。うち第一次産業は0.9%増、第二次産業は1.9%減、第三次産業は1.6%減であり、経済の牽引車である第二次および第三次産業の力強さが欠けていることになる。

 全国の規模以上の工業の上半期の成長率は第一四半期より7.1ポイント回復したものの、1.3%減で、プラスには至らなかった。...
全部読む



過去の記事
1 2 3 .... 10 20 30 .... 115

「中国ウォッチャー」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組