JCCテレビすべて
特集 中国ウォッチャー
2020年02月20日(木)
最新TV速報
【中国ウォッチャー】
中国・3年半ぶり原発認可(8月2日)
中国政府は3年半ぶりに原子力発電所の建設を認可した。福建省や広東省など合わせて6基、発電能力は700万キロワットを超す。これまで建設、稼働が遅れていた新型原発の安全面を確認出来たことなどから、認可を再開した。

米中対立が続く中、新たに認可したのは中国が独自開発したとする国産原発が中心で、国内経済のテコ入れと海外輸出にはずみをつける狙いである。


カンボジア首相、中国から武器大量購入の事実明かす(7月30日)
カンボジアのフン・セン首相は29日、同国の軍備の近代化のために、中国から数万点に上る武器を購入したことを明らかにした。同首相は数日前、中国の軍艦がカンボジアの海軍基地を使用することを認める密約が結ばれたとの米紙の報道を否定していた。

『ロイター通信』や『AFP通信』などが報じた。フン・セン首相は中国との武器取引の詳細に言及したが、極めて稀なことだ。同首相は、中国の習近平主席からの贈り物と呼ぶ、同国が出資した首都プノンペン市内のスタジアム建設現場を視察した際、本件について語った。...
全部読む


中国:ロシアからの大豆輸入全面的に許可(7月30日)
~米国以外の輸入先確保~
 30日から上海で5月以来の米中の閣僚級貿易会議が再開される。それに先立って中国は米国から数百万㌧の大豆を輸入すると発表した。2018年7月に米国が中国製品340億㌦分に対し25%の追加関税をかけたのに対し、中国も米国から輸入していた大豆などに25%の追加関税をかけたことから、米国からの大豆輸入が減少し、米国では大豆価格が下がっていた。...
全部読む


「一帯一路」国際公共管理修士第一期生卒業(7月28日)
 2013年に習近平主席が提唱し、鳴り物入りで始まった「一帯一路」政策であったが、供与国を「債務の罠」に陥らせている、あるいは予定通りインフラの建設が進まないなど少々陰りも見え始めている。

 そのような中で、清華大学公共管理学院では、このほど卒業式が行われ、11か国からきた19名の留学生が「一帯一路」国際公共管理修士として、順調に清華大学での学業を修め、第一期の修士として卒業し、世界各地の「一帯一路」事業に携わることになった。...
全部読む


広東省を基に中国の輸出入状況を見る(7月24日)
「中国の経済を知りたければ、広東省の経済を見るとよい」。これは世界のエコノミストの間で流行していることばだ。このほど、中国税関総署の広東分署の統計による広東省2019年上半期の輸出入の金額が発表された。

今年上半期の広東省の輸出入額は3.28兆元(51.6兆円相当)に達し、前年同期比1.3%増、中国全体の輸出入額の22.4%を占めている。そのうち、輸出は1.98兆元で、3.9%増。輸入は1.3兆元で、2.5%減。...
全部読む


過去の記事
1 ... 29 30 31 . 40 50 60 . 93

「中国ウォッチャー」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
最新の画像  営業マン横道日記
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組