JCCテレビすべて
特集 面白ニュース
2019年01月22日(火)
最新TV速報
【面白ニュース】
プラスチックごみ削減へ・28社が非営利団体(1月17日)
日本の大手化学メーカー3社を含む米国やヨーロッパなどの28社が非営利団体を設立し、連携してプラスチックごみの削減に取り組むことになった。

非営利団体「プラスチックごみをなくすための連合」に参加したのは、米国の大手石油会社・エクソンモービルや日本の大手化学メーカーの三菱ケミカルホールディングス、住友化学、三井化学など合わせて28社である。

プラスチックを製造する企業から容器を扱う日用品メーカーまで幅広い業種が連携するのが特徴だ。...
全部読む


ホーム下で寝泊まり・専門学校生を逮捕(1月10日)
きのう、さいたま市のJR大宮駅で火事があり、その火事をきっかけにホームの下で20歳の専門学校生の男が寝泊まりをしていたことが分かった。男は建造物侵入の疑いで逮捕された。

容疑者は警察の調べに対し容疑を認め、就職活動で悩みがあり家に帰りたくなかったなどと供述している。

この火事で湘南新宿ラインが一時運転を見合わせ乗客約1700人に影響が出た。


史上最高値の大間マグロ3億3360万円(1月6日)
東京・豊洲市場で初めてのマグロの初競りが行われた。史上最高3億3360万円で競り落とされた。

競り落としたのは「すしざんまい」・喜代村で、3億円超のマグロを釣り上げたのはマグロ漁師・藤枝亮一だ。

喜代村・木村清社長が「身の太り方がもうおいしそう」、マグロ漁師・藤枝亮一が「初競りなんて夢みたいなもんだ」、以前最高記録1.5億円のマグロを水揚げした竹内大輔が「頑張らないと」と述べた。


エリザベス女王・ローマ法王・世界に向けXmasメッセージ(12月26日)
英国のエリザベス女王とローマ法王から世界に向けてクリスマスメッセージがあった。

英国・エリザベス女王はどれほど意見が異なっても相手を同じ人間として敬うことが理解への第一歩となるとコメントした。

英国メディアはEU離脱の方針で対立が深まる国民に結束を呼びかけたメッセージだとしている。

またひ孫のルイ王子の誕生など慶事が続いた1年について、おばあちゃんはとても忙しいとユーモアを交えて振り返った。...
全部読む


米国・クリスマスツツリー値上がり・10年前のある出来事が…2018(12月24日)
この時期、米国の家庭に飾られるクリスマスツリーには専用に育てられたもみの木などが好んで使われるが、ことしは10年前のある出来事が影響して値上がりしている。

値上がりの理由はことしが世界的な大不況を招いたリーマンショックからちょうど10年だったことと関係している。

クリスマスツリー用のもみの木は最も人気の大きさに成長するまでおよそ10年かかるが、10年前はリーマンショックで売り上げが激減し、多くの農家が廃業などに追い込まれ、当時植えられるはずの苗木の数も減った。...
全部読む


ロボットで海底地図・日本チームが成功(12月22日)
無人ロボットで深海の海底地図を作る世界初の大会の決勝ラウンドに日本チームが登場し、今週ギリシャ沖の海底の地図作りに成功して、来年3月の審査結果を待つことになった。

この大会は米国の民間の財団が主催した世界初の試みで、決勝ラウンドに進んだチームが先月から無人ロボットを使い、ギリシャ沖の地中海の約4000mの深海で海底の地図作りに挑んだ。

日本からは海洋研究開発機構などの研究者で作るチーム「KUROSHIO」が決勝に進出。...
全部読む


中国版「ことしの漢字」は「奮」(12月22日)
中国でことし一年の世相を表す中国版の「ことしの漢字」が発表され、奮い立つという意味の「奮」の字が選ばれた。

ことしの漢字は、中国共産党の機関紙「人民日報」などが公募していて、中国と世界でそれぞれ世相を表す漢字1字が選ばれる。

理由として、よりよい生活の実現に向けて中国人がこの1年奮闘したことなどが挙げられている。
「奮」という漢字はもともと鳥が羽ばたく様子を表しているということで、専門家はことしの中国人の状態を示すものだと分析している。...
全部読む


海岸に墓石・実は(12月21日)
福岡市西区の海岸に、大量の墓石が積み上げられていた。当初は不法投棄と思われていた。

54年前の昭和39年に護岸工事をする際に糸島市芥屋から運び込まれたもので、納骨堂ができ不要になった墓石を有効利用するためだった。おはらいはしてあるという。

もともと墓石があった場所に5年前に排水施設を作った際に掘り出されて、現在の位置に積まれたという。


米国・サンタが大集合(12月13日)
米国東部のスキー場、リフトに乗ったサンタクロースが集合。クリスマスまで10日余りになった。

準備に追われているはずのサンタクロースだが、この日はトナカイも一緒にスキーを楽しんだ。

このイベントはチャリティー団体が主催して行われ、参加したサンタクロースたちは1人20ドルを支払い、そのお金は地域の教育支援などに使われてるということだ。


生放送中に鼻血(12月12日)
韓国のスポーツ番組生放送中に解説者が鼻血を出すハプニング。

チョ・ヒョンイルさんは鼻に異変を感じ、触ってみると鼻血が。そのまま続けていると隣のアナウンサーも気付き、二度見。

本人は「顎まで垂れていたので、もう無理だと思った。鼻血を見せるために横を向いたら、隣の彼は驚いて目を見開いていた。その表情を見て笑いをこらえるのが大変だった。」と話した。鼻血が出た理由は乾燥していたからだという。...
全部読む


グーグルCEO“検索結果に政治的偏向ない”(12月12日)
米国・トランプ大統領、共和党の議員らは“グーグルの検索結果は自分たちに否定的なものばかり表示”と主張し、グーグルへの批判を強めている。

こうした中グーグル・ピチャイCEOは米国議会下院公聴会で議員から“馬鹿と検索するとトランプの写真表示が出るのはなぜか”と問われるとピチャイCEOは“検索結果に政治的な偏向はない”と強調。グーグルが中国向けの新たな検索サービスを立ち上げ、中国政府の検閲を容認するような開発をしているとの報道について、ピチャイCEOは現時点ではその計画はないと否定した上で、利用者が情報に自由にアクセスできる権利を重視する姿勢を示した。...
全部読む


貨物宇宙船ドラゴン・国際宇宙ステーションとドッキング成功(12月9日)
8日、地球の上空400kmで国際宇宙ステーションが物資を補給する貨物宇宙船ドラゴンと無事にドッキングした。

ドラゴンは5日にフロリダ州のケープカナベラルから打ち上げられ、研究用の装置と物資2.5t分を宇宙ステーションに届けた。


米国・雪合戦が合法化(12月6日)
米国コロラド州のセベランスでは人や動物などに石などの危険なものを投げつけることを禁止する条例が1920年代に制定され、雪玉もその対象にあたると規定されてきた。

この条例について町議会は3日、小学3年生の男児の「雪合戦を楽しみたい」という働きかけを受けて雪玉を対象から外し、雪合戦は晴れて合法化された。


東京・板橋区・COP24の集会参加へ(12月5日)
ポーランドで開幕した地球温暖化対策の国連会議・COP24に合わせて今月10日に開かれる集会であるが、日本のパビリオンでは「持続可能な開発目標」に関する自治体の取り組みなどを世界に発信する集会が開かれ、東京・板橋区、横浜市、長野県が参加する予定である。

このうち板橋区は環境教育の取り組みや、栃木・日光、マレーシアとの連携事例をもとに都市部、地方が補い合う仕組みを紹介することになった。


アイスホッケーの試合で世界記録(12月4日)
米国のアイスホッケーマイナーリーグの試合で、世界記録が達成された。

ホームチームが点を決めた瞬間、大量のぬいぐるみが投げ込まれた。その数はなんと3万4798個で、チームによると世界記録だという。

ぬいぐるみは試合後に回収され地元の学校などに寄付されたとのこと。





ペルーで人気沸騰・日本のアニメ(12月4日)
南米ペルーでの日本の代表的なコンテンツの1つアニメについての話題だ。

日本アニメの世界全体の売り上げはリーマンショックの影響で一時落ち込んだが、その後堅調に拡大し一昨年初めて2兆円を超えた。

日本のアニメが高い人気を誇る国としては米国やフランスがあるが南米でもファンが多い。

1990年に日系人初のフジモリ大統領が就任したことも日本のアニメの浸透に一役買ったといわれている。

日本のアニメの熱狂的ファンで国際弁護士のホルヘフロレスは「聖闘士星矢」がお気に入り、「聖闘士星矢」はギリシャ神話をモチーフにした物語でテレビ版アニメは80年代後半から世界中で放送されている。...
全部読む


犬がマンモスの化石を発見(12月3日)
犬のスカウトくんは裏庭を掘っているとあるものを発見。飼い主は石か硬くなった木か何かだと思っていたが、写真を見た研究者たちは1万3千年前の毛長マンモスの肌だと考えている。


金密輸対策・売り手の身元確認強化へ(12月2日)
日本の消費税の仕組みでは、海外から金を持ち込む場合、税関で消費税に相当する額を払う必要がある。ところが密輸した場合は税関で消費税を支払わず、買い取り業者には税込みの値段で売れるため、消費税分を利ざやとして不正に得る事件が相次いでいる。

来年10月に消費税率が10%に引き上げられると、利ざやが拡大し密輸がさらに増加することが懸念されている。

このため政府は来年度から対策を強化し、貴金属店などの買い取り業者に対し、金を売りに来た人を免許証やパスポートなどで確認しその写しを保存するよう求める。...
全部読む


体重1.4トンの巨大牛(11月28日)
オーストラリアの牧場に一際大きい牛がいる。別の生き物のようだが、食用に育てられている牛。

この食用牛・ニッカーズは、現在7歳のオス。通常の牛のおよそ2倍の大きさで、体高194cm、体重1.4tになった。

牧場オーナーが出荷しようとしたが食肉業者から「大きすぎて処理できない」と断られた。


ランドセルが重い!インドでも(11月28日)
インドでは重さ10キロのカバンを背負い、数キロ歩いて通学する小学生が少なくない。

このためインドで7歳~13歳の68%が腰痛持ちの可能性という調査結果もある。

インド政府ではカバンが重すぎると子供の姿勢が悪くなり、発育に影響が出る危険性があるとし学校に対策を指示した。

日本でもランドセルが重すぎるという意見を含め、宿題で使わない教科書などを教室に置いて帰ることを認めたが、インドではさらに踏み込んだ対応を求めている。


ロシア・深海での救助訓練(11月27日)
ロシアからの話題であるが、深海に沈んだ船や潜水艦の救助活動を行うための船、この中で4人の潜水士が訓練を始めた。

ポイントは深海の水圧に耐えること。3日間かけ気圧を高め、体にかける圧力を深海と同じ程度にしていく。慣れたところで外に出て作業開始する。

深海での作業は宇宙で船内作業をする難しさに似ているという。この時はロシア海軍の潜水記録を樹立した。


「スーパーシティ」基本構想案まとまる(11月23日)
政府がまとめたスーパーシティの基本構想案によると、大規模な工場の跡地に新たな街を整備し住民を募り、自動車の自動運転、映像を使った遠隔診療など5つ以上の最先端技術の実証実験を集中的に実施するとしている。

政府は制度設計を進め、来年の夏以降に具体的な地域の選定を進めることにしている。


1998年サッカーW杯・誰が出品?銅メダルがオークションに (11月22日)
英国に本社があるオンラインの競売会社を通じてこの程、1998年のサッカーW杯フランス大会でクロアチア代表に送られた銅メダルがオークションに出された。

クロアチアはフランス大会で強豪のドイツやオランダを破る快進撃で3位に輝いた。

競売会社は「30個しか存在せず非常に貴重な品」などと説明している。
ただこのメダルを誰がオークションに出したのかは明らかにしていない。

クロアチアでは出品者は誰なのか話題となっている。...
全部読む


訪日外国人旅行者・2か月ぶり増加(11月22日)
先月10月に日本を訪れた外国人旅行者は推計で264万600人と去年の同じ月と比べておよそ4万5000人、率にして1.8%増加した。

外国人旅行者の数は今年9月、台風21号による関西空港の被害や北海道の地震を受けて5年8か月ぶりに減少に転じたが、災害による影響が回復傾向にあることから2か月ぶりの増加した。

中国からの個人旅行や欧米各国からのクルーズ船を利用した旅行客が増えたことも要因となっている。


“モアイ像返して”大英博物館に訴え(11月21日)
英国・ロンドンにある大英博物館が所蔵するイースター島のモアイ像について、150年前に不当に持ち出されたものだとして島の当局者らが返還を求めた。

大英博物館のモアイ像は南米チリのイースター島で17世紀ごろまでに約1000体つくられた内の1つとされている。

大英博物館によると150年前の1868年に英国海軍が島に立ち寄った際に持ちかえったものだという。
イースター島側は実物の代わりにレプリカを無料で提供すると提案し、博物館側は対話には応じるとしているが、返還の意思を示していない。...
全部読む


バノン・中国迫害被害者支援の基金設立(11月21日)
トランプ大統領の元側近のスティーブバノンが米国在住の中国人実業家と組んで、中国で不当に拘束されたり失踪したりした人やその家族を支援する基金を設立すると発表し、中国の人権問題について国際的な関心を集めようとする狙いがあるものとみられる。


東京五輪・パラに合わせたサマータイム導入断念へ・ マラソンスタート更に前倒し(11月21日)
サマータイムは安倍首相が東京五輪・パラリンピック組織委員会・森会長から、大会期間中の暑さ対策として検討するよう要請されたことを受けて、自民党の研究会が導入の是非を検討してきた。

研究会は経団連などからヒアリングを行ったが、システム改修の負担が大きいといった指摘など導入に否定的な意見が相次ぎ、東京五輪・パラでの導入には時間が足りないとして、きょうの会合で断念する方針を決める。大会組織委員会は、いったんは午前7時としたマラソンのスタート時間を、1時間程度のさらなる前倒しも含めて見直す方向で検討するという。...
全部読む


米国中間選挙・再集計のフロリダ州・共和党候補勝利(11月19日)
今月6日に行われた米国の中間選挙で得票差が僅かだったため票の数え直しが行われていたフロリダ州では上院議員と州知事のいずれの選挙もトランプ政権の与党共和党の候補が勝利した。

南部フロリダ州では上院議員と州知事のいずれの選挙も集計の結果、得票差が僅かだったため州の規定に基づいて票の数え直しが行われた。

その結果、州知事選挙ではトランプ大統領が全面的に支援した共和党のデサンティスが、上院議員選挙でも同じく共和党のスコットが当選を確実にした。...
全部読む


米国・ニューヨーク・大規模な日本のアニメイベント(11月17日)
米国・ニューヨークで日本のアニメのファンが交流する大規模なイベントが始まり、細部までこだわったコスプレをしたファンたちが一堂に会した。

このイベントはニューヨーク在住の日本のアニメのファンが企画し、ことしで2回目。主催者によると日本のアニメは人気が高く、18日までの3日間に去年を上回るおよそ3万人の参加を見込んでいる。


▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組