JCCテレビすべて
特集 米国バイデン政権
2021年03月03日(水)
最新TV速報
【米国バイデン政権】
ホワイトハウスの部屋割りから見る・バイデン政権(2月20日)
米国に限らず、官邸の部屋割りというのはリーダーおよびその側近との距離感を図る尺度となり得る。

そういう意味でホワイトハウスの部屋割りというのは米国の時の政権が何を考えているかを知る大きな手がかりとなる。

ホワイトハウスの1階にはバイデン大統領を中心にハリス副大統領、サリバン国家安全保障担当補佐官、サキ報道官がいるが、バイデン大統領と非常に近い側近的存在であることがわかる。

一方で国務長官になるのではと、一時話題にのぼっていたライス氏は2階にいることから、政権の中では大統領とやや距離感があるといえる。...
全部読む


気候変動・バイデン政権の対策・国内では反発の声も(2月20日)
米国・バイデン大統領は「新型コロナのように気候危機についても国をあげた対策が必要、気候危機は現実だ」と発言し、気候変動問題について「安全保障上の脅威」と位置付けており、化石燃料に依存しない社会を目指すとしている。

バイデン政権発足初日に決定したのは、トランプ前政権が進めていた原油パイプライン「キーストーンXL」建設許可の取り消しだ。

カナダで採掘した原油を南部テキサス州まで運ぶエネルギー網を拡張する建設費9000億円規模の大型プロジェクトだが、計画は二転三転し長年政治対立の象徴となってきた。...
全部読む


バイデン政権まもなく1か月・前政権から転換も(2月19日)
米国のバイデン大統領就任から20日で1か月。支持率は就任後一貫して50%以上を維持している。

バイデン大統領は就任当初から融和を強く訴えてきた。一方で政策面では前政権の方針を大きく転換中でも重視する気候変動対策では大統領の権限を使って温室効果ガスの削減に向けた具体策を次々の打ち出した。

しかしこの姿勢が新たな反発を招いている。

西部のニューメキシコ州は原油や天然ガスなどのエネルギー産業が州の税収の4割近くを占めているが、バイデン大統領は国有地での原油の掘削を環境に配慮して制限する政策を打ち出している。...
全部読む



米国「パリ協定」復帰で指導力・回復へ(2月19日)
バイデン大統領は就任初日に、トランプ前大統領が離脱した地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」に復帰する為の文書を国連に提出し19日、米国は協定に復帰する。

バイデン政権は2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにすることを目指し、削減目標を4月までに国連に提出する方針である。

途上国の排出削減を支援する資金計画の検討を進める他、4月には主要な排出国の首脳級によるサミットを開催し、対策を加速させる。...
全部読む


ニューヨーク・ダウ平均株価・最高値を更新(2月13日)
12日のニューヨーク株式市場は小幅に値上がりし、ダウ平均株価は最高値を更新して、今週の取り引きを終えた。

12日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価の終値は、前の日に比べて27ドル70セント高い、3万1458ドル40セントで、最高値を更新した。

この日は、前日の終値を幾分下回る水準で取り引きが続いていたが、終了にかけて買い注文が増え、10日につけた最高値を上回って、今週の取り引きを終えた。...
全部読む



過去の記事
1 2 3 ... 10 20 30 ... 35

「米国バイデン政権」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組