テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【米国バイデン政権】

ジョー・バイデンTwitter
大統領公式Twitter
カマラ・ハリスTwitter
副大統領公式Twitter
ナンシー・ペロシTwitter
『バイデン政権の主な顔ぶれ』

侵攻2か月・ウクライナ徹底抗戦の構え・米国などから軍事支援(4月24日)
ウクライナ側は、欧米からの軍事支援も受けて、マリウポリを含む東部や南部で徹底抗戦する構え。ウクライナ・ゼレンスキー大統領は23日、首都・キーウの地下鉄の駅で記者会見を開き、米国・ブリンケン国務長官とオースティン国防長官が、24日にキーウを訪問する予定だと明らかにした。軍事侵攻後、両長官がキーウを訪問するのは初めて。

ゼレンスキー大統領は「両長官と会談する」としたうえで、「これはとても重要なことだ。...
全部読む



米国・バイデン大統領・約1000億円の軍事支援(4月22日)
米国・バイデン大統領はウクライナに対し、りゅう弾砲、砲弾、攻撃用の無人機など新たに最大8億ドル、日本円で1000億円相当の追加の軍事支援を行うと発表した。バイデン大統領は先週も追加の軍事支援を発表していてウクライナ支援を加速させている。

ロシアはウクライナ東部を掌握しつつあると宣言し、ロシア・プーチン大統領は製鉄所の周辺を封鎖するよう命じた。製鉄所内部にはウクライナ兵士の他1000人近い市民が避難しているとみられ降伏を拒んでいる。...
全部読む



米国・政府高官のウクライナ派遣・バイデン大統領“検討している”(4月15日)
西側諸国の首脳などがウクライナを相次いで訪れる中、米国・バイデン大統領は政府高官を派遣する考えがあるかについて「いま検討しているところ」と述べた。

米国の複数の主要メディアはブリンケン国務長官やオースティン国防長官の名前が取りざたされていると伝えている。米国としても支援する姿勢を改めて強く示したいとみられる。



米国・バイデン政権・核爆発伴わない臨界前核実験・去年2回実施(4月14日)
米国・バイデン政権が核爆発を伴わない臨界前核実験を去年2回にわたって行っていたことがわかった。米国・NNSAがネバダ州にある核実験場で行ったことを明らかにした。バイデン政権が臨界前核実験を行ったのは初めて。

米国政府は1992年、核爆発を伴う核実験の一時停止を宣言したが、臨界前核実験は歴代政権が続けてきた。オバマ政権時代に副大統領を務めたバイデン大統領は、核のない世界の理念を引き継ぎ核軍縮に前向きな姿勢を示しているが、ロシアや中国による核の脅威が高まる中、核兵器の近代化に必要とされる実験を実施した形。


米国・バイデン大統領・訪日検討受け・政府・クアッド首脳会合などに向け調整加速(4月13日)
米国・バイデン大統領はインド・モディ首相と行ったオンライン首脳会談で、来月下旬の日本訪問を検討していると明らかにした。これを受け政府は日本、米国、オーストラリア、インドの4か国で作るクアッド首脳会合の開催に向けた調整を加速させる方針。岸田首相とバイデン大統領の日米首脳会談のほか、バイデン大統領と拉致被害者家族との面会も実現させたいとしている。

今月中旬から下旬にかけてニュージーランド・アーダーン首相やドイツ・ショルツ首相が日本を訪問し、岸田首相と首脳会談を行う方向で調整。...
全部読む


過去の記事
1 ... 19 20 21 . 30 40 50 . 83

「米国バイデン政権」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.