テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【米国バイデン政権】

ジョー・バイデンTwitter
大統領公式Twitter
カマラ・ハリスTwitter
副大統領公式Twitter
ナンシー・ペロシTwitter
『バイデン政権の主な顔ぶれ』

米国政権“欧州にLNG融通”日本政府は慎重に議論(2月4日)
米国・バイデン政権は、ウクライナ情勢が緊迫化しヨーロッパで天然ガスの調達が滞ることを避けるため、日本政府に日本が輸入するLNGの一部をヨーロッパ向けに融通できないか要請してきたことが分かった。

政府内で慎重に議論を始めている。ヨーロッパはロシアからパイプラインを通じて天然ガスの供給を受けている。

ただLNGは日本の発電所の発電量全体に占める割合が39%と最も高く、重要なエネルギー源。さらにこの冬は電力需給が厳しくなることに備えて電力各社は例年以上に十分な量のLNGを確保しようとしている。



米国・国防総省・ウクライナ情勢・国内部隊・欧州派遣へ警戒強化(1月25日)
ロシア軍の演習(ロシア防衛省)。ウクライナとの国境周辺には隣国ロシアが約10万人とされる軍の部隊を展開し緊張が続いている。

これを受け米国国防総省が24日、NATO加盟国のうちウクライナ周辺の国々などの防衛のため、米国国内の部隊に警戒態勢強化を指示したと発表した。

8500人規模の部隊に対し、NATOの即応部隊が活動開始の場合などにヨーロッパに速やかに派遣できるよう備えるとしている。

国防総省・カービー報道官は現時点では派遣についての決定はなされていないと強調した。...
全部読む



ロシア大統領府・米国・バイデン大統領との首脳会談“有益で歓迎できる”(1月21日)
ロシアがウクライナ国境付近に約10万人とされる軍の部隊を展開し緊張が続く中、米国・バイデン大統領は「ロシアがウクライナに軍事侵攻した場合、大規模な経済制裁を科す」と警告する一方、ロシア・プーチン大統領との首脳会談を行う可能性に言及した。

ロシア大統領府・ペスコフ報道官は有益で歓迎できると評価。バイデン大統領がウクライナに戦略兵器を配備しないことに前向きな姿勢を示したことについては「肯定的な側面とみられる」と述べた。...
全部読む



米国・バイデン大統領・厳しい政権運営続くか(1月20日)
米国のバイデン大統領は20日、就任から1年を迎える。

バイデン大統領は、去年1月の就任以来、新型コロナワクチンの普及や、巨額のインフラ投資法案の成立を実現させたほか、外交では国際協調主義を掲げて、トランプ前政権の米国第一主義からの転換を図った。

しかし去年8月、アフガニスタンからの軍の撤退を巡る混乱をきっかけに支持を失い始め、新型コロナの感染拡大や記録的な物価上昇などを背景に、支持率はこれまでで最も低い水準に落ち込んでいる。...
全部読む



岸田首相・米国バイデン大統領・21日にオンライン形式で会談へ(1月18日)
岸田総理大臣は、オミクロン株の感染が広がる中、調整が難航していた米国のバイデン大統領との会談を今週21日にオンライン形式で行うことになった。

会談では、安全保障、経済、それに地域情勢や地球規模の課題といった共通の重要なテーマについて率直に議論して信頼関係を深め、日米同盟のさらなる強化や自由で開かれたインド太平洋の実現などへの対応に向けて連携の強化を確認する見通しである。

バイデン大統領との会談は、去年11月、気候変動対策の国連の会議COP26の首脳会合で訪れた英国で短時間対面で会談して以来となる。


過去の記事
1 ... 27 28 29 . 40 50 60 . 83

「米国バイデン政権」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.