テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

フーシ派武装組織、サウジアラビア石油施設をドローン攻撃

サウジアラビアの石油パイプライン施設が5月14日、ドローン攻撃の標的となり、同国の主要な石油パイプラインの一時操業停止が余儀なくされた。 隣国イエメン北部を拠点に活動するイスラム教シーア派の武装組織であるフーシ派が攻撃を認める声明を出した。2015年以来、イエメンの内戦に介入しているサウジアラビアは、イエメン政府を支援し、フーシ派反政府軍と戦っている。今回の攻撃で敵対するイランとの間で緊張がさらに高まることが懸念される。

『Le Monde fr』によると、火曜日の早朝に、国内を横切る原油パイプラインのポンプステーション(圧送施設)2ヵ所が「武装した無人機」の標的とされた。世界最大の石油輸出国でもあるサウジアラビアの、ハーリド・アル・ファーレフ(Khaled Al-Falih)エネルギー産業鉱物資源大臣兼サウジアラムコ会長は、攻撃によって火災と軽佻な損傷が出たと発表した。

また、サウジアラビアの石油大手でもあるサウジアラムコは「東部と紅海に面したヤンブー港を結ぶ東西石油パイプラインの操業を一時的に停止したが、原油および石油製品の供給は正常に続いている」と述べた。...

全部読む

 

ウクライナ大統領選でコメディアン候補優勢

ウクライナの大統領選挙では、現職を上回り、政治経験のない俳優のボロディーム・ゼレンスキー候補が優勢となっている。ゼレンスキー氏は、数年間テレビドラマの中で一教師が大統領になる役を演じて人気を博していたという。ウクライナ東部では紛争が続き、汚職問題も改善されておらず、既存政治への不満と改革への期待が高まっている。

3月31日付米国『ニューヨークタイムズ』は「ジョークではない:ウクライナのTVコメディアンが選挙初盤勝利」との見出しで以下のように報道している。

2つの出口調査結果によると、コメディアンのボロディーム・ゼレンスキーが30%の票を獲得。政治経験のない無党派候補の台頭だが、50%に満たない場合は決選投票に持ち込まれる。出口世論調査どおりなら、3週間後の21日、18%の票獲得で2位のポロシエンコ現職大統領と決選投票となる。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.