テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

米海洋大気庁;今夏は北半球で史上最高の猛暑と発表【米・英国メディア】

米西海岸で、今年8月末から猛威を振るっている山火事の被害が史上最悪レベルとなっている。数年来の干ばつに続く今夏の酷暑が原因と言われているが、この程、米海洋大気庁(NOAA、気象庁に相当、注後記)発表によると、今夏は北半球で史上最高の猛暑となっているという。

9月15日付米『NBCニュース』:「気象学者、今夏の北半球は史上最高の猛暑と発表」

NOAAは9月14日、今夏の北半球は史上最高の猛暑となっていると発表した。

今回の発表は、現下で猛威を振るっている米西海岸の史上最悪と言われる山火事が、地球温暖化とそれに伴う気候変動が要因になっていることを窺わせる。

同庁公表データによれば、北半球における6~8月の平均気温は、平年値より華氏+2.11度(摂氏+1.17度)高くなっているとし、8月だけでも、1880年に統計を取り始めて以来2番目に高い気温となっているという。...

全部読む

 

米大統領選;中国・イランはバイデン氏、ロシアはトランプ氏に肩入れして水面下で種々画策か【米・英国メディア】

反米で協調している中国、ロシア、イランであるが、次期大統領として望む人物は異なる模様である。この程、米防諜部門幹部が明らかにしたところによると、中国とイランはジョー・バイデン民主党候補の当選を、一方、ロシアはドナルド・トランプ大統領の再選を狙って、種々水面下で画策しているという。

8月7日付米『ニューヨーク・ポスト』紙:「米防諜部門トップ、中国・イランがバイデン氏に、ロシアはトランプ氏に肩入れして種々画策と証言」

米トランプ政権の防諜部門トップが8月7日、中国及びイランがジョー・バイデン民主党候補に、一方ロシアはドナルド・トランプ大統領に肩入れして水面下で画策していると警鐘を鳴らした。

米国家防諜・安全保障センター(2001年設立)のウィリアム・エバニーナ長官(53歳)が上院公聴会で述べたもので、民主党議員から外国政府の選挙介入事態についての突っ込んだ質問に答えた。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.