テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【Globali】
 

トランプ前大統領、2024年大統領選への出馬表明

米国のドナルド・トランプ前大統領が15日、2024年の次期大統領選への立候補を表明した。連続しない2期目当選をめざす候補は初めてとなる。早期の立候補表明は、共和党のライバルに差をつける狙いがあるとみられている。

11月16日付米『ザ・ヒル』:「トランプ氏の前広報担当補佐官、”覇気のない、退屈な演説だった”」:

トランプ前大統領の広報補佐官は、15日、同氏の出馬表明を批判し、演説は「覇気がない」「退屈」なものだったとしている。

トランプ氏はマーララゴでの集会で、数ヶ月前から仄めかしていたとおりに、大統領選挙への3回目の出馬を表明した。これまでの集会と比べ、非常に落ち着いた口調だったが、その振る舞いを批判する声もある。...

全部読む

 

米ファイザー、来年以降米国向けCOVID-19ワクチンを4倍に値上げ【欧米メディア】

2020年初めより世界的に猛威を振るっている新型コロナウィルス(COVID-19)は、世界製薬大手のワクチン開発・投与によって、かなり終息に近づきつつあるも、依然変異株の出現等より予断を許さない。そうした中、ワクチン開発大手の1社である米ファイザー(1849年設立)がこの程、現在米政府と締結している契約が2022年末に終了した後、市場供給となった場合の販売価格を4倍に値上げする意向を表明した。

10月21日付『ロイター通信』は、「米ファイザー、米政府向けCOVID-19ワクチンを1回当り110~130ドルに大幅値上げ意向」と題して、同ワクチン開発大手の米ファイザーが、今年末に米政府との契約が切れた後は、市場供給用の販売価格を4倍程に値上げする意向であると報じた。

米ファイザー幹部のアンジェラ・ルーキン氏(病院担当部門長)は10月20日、今年末に米政府との契約が終了した後、COVID-19ワクチンを現行価格の4倍となる1回の投与当り110~130ドル(約1万6千~1万9千円)に値上げして市販する意向だと表明した。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.