テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

米議会トップが改めて中国に対し、新型コロナウィルス感染源の野生動物食習慣全面禁止を強要【米メディア】

米議会上院議員がこの程、改めて中国政府に対して、猛威を振るう新型コロナウィルス感染源と思しき野生動物を食用とする慣習(野味)を全面禁止するよう強く訴えた。そもそも、2002~2003年に流行った重症急性呼吸器症候群(SARS)などの病原ウィルスは野味対象のハクビシン等が宿主とされたにも拘らず、当該慣習の禁止・取り締まりは一時的措置に終わっていた。そして、今回、再びコウモリ等が宿主とされる新型コロナウィルス感染世界流行問題を引き起こしたと考えられるからである。

4月4日付『ザ・ウェスターン・ジャーナル』紙:「リンゼー・グラム上院議員、“コウモリを食する悪習を止めさせよ!”と中国政府に全面禁止を強く要求」

米上院司法委員会のリンゼー・グラム委員長(64歳、サウスカロライナ州選出共和党議員)は4月3日、中国政府に対して、今回の新型コロナウィルス感染世界流行問題を引き起こした発生源と思われる野生動物を食する悪習を全面禁止するよう求めると強調した。

『Foxテレビ』のニュース番組「ザ・ストーリー」のキャスターのマーサ・マッカラム氏(56歳)のインタビューに答えたもので、コリー・ブッカー上院議員(50歳、ニュージャージー州選出民主党員)及びクリス・クーンズ上院議員(56歳、デラウェア州選出民主党員)と連名で、中国政府及び世界保健機関(WHO)宛に要求書簡を送付したことを明らかにした。...

全部読む

 

日本;習国家主席来日が延期で対中国配慮不要? 副総理が”武漢ウィルス”と連呼【米メディア】

3月初めに報じたとおり、習近平(シー・チンピン)国家主席の初訪問を控えていた日本は、中国側への配慮からか、新型コロナウィルス感染発生源の中国のことを強くは非難せず、むしろ感染流行を食い止める努力を評価していた。しかし、同主席の来訪が今秋以降に延期になったこと、更には欧米メディアの報道で、中国側のウィルス禍発生時点での失策、隠蔽の疑念を抱くに至ったことからか、国内で遠慮のない発言が目立ち始めている。そして米メディアが、麻生太郎副総理が国会で、“武漢ウィルス”と連呼したばかりか、中立性を欠く世界保健機関(WHO)を“中国保健機関(CHO)”と呼称したらよい、と辛らつな発言をするに至っていると報じた。

4月2日付『デイリィ・ワイア』オンラインニュース(2015年設立の保守系時事メディア):「日本の政権幹部、“武漢ウィルス”と連呼したばかりか、WHOを“中国保健機関”と呼べばよいと発言」

麻生太郎副総理はこの程国会で、新型コロナウィルス感染問題深刻化の過程で、発生源の中国に対して弱腰だったWHOの対応を非難する発言を行った。

同副総理は、(米国高官が使用して中国側が反発した)“武漢ウィルス”という表現を連呼したばかりか、WHOは“中国保健機関(CHO)”と呼称を変更したらよい、とまで言及した。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.