テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

中国軍;米軍主催の環太平洋合同演習(RIMPAC)への不招待の腹いせに南シナ海に軍艦・戦闘機を配備【米・中国メディア】

既報どおり、米中間の対立は、貿易問題に留まらず、軍事面での露骨な対決姿勢が鮮明になってきている。そうした中、2年に1回開催される、米海軍太平洋艦隊主催の環太平洋合同演習(RIMPAC、注後記)について、前回2018年に続いて招待されなかった中国人民解放軍(PLA)が、その腹いせとばかりに、南シナ海の人工島に複数の軍艦・戦闘機を配備している。

8月4日付米『ユーラシア・レビュー』オンラインニュース:「中国、南シナ海のスプラトリー諸島に軍艦・戦闘機配備」

直近の衛星写真並びに中国国営メディア報道によると、中国は領有権争いのある南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島に建設した複数の人工島に、複数の軍艦及び最新鋭戦闘機を配備しているという。

これは、米海軍太平洋艦隊主催で8月17~31日の間、ハワイ沖で大々的に催されるRIMPACを意識しての対応とみられる。...

全部読む

 

中国国営メディアが、台湾の英雄の故李登輝元総統を”国家分断の犯罪者”と罵倒【米・中国メディア】

台湾の英雄で、内外から「民主先生(ミスター・デモクラシー)」と慕われた李登輝(リー・トンホイ)元総統が7月30日、97歳の生涯を閉じた。しかし、あろうことか中国国営メディアは、二国論を推進して中国と台湾を分断した“国家的犯罪者”だと死人に鞭打つ記事を掲載して、民度の低さを露呈している。

7月31日付米『ブライトバート』オンラインニュース:「中国、台湾の民主主義の父を“裏切り者”、“国家的犯罪者”と呼び、死去は“全く悲報に当たらず”と酷評」

中国国営メディア『環球時報』は7月30日、台湾で初めて選挙で選ばれた総統だった李登輝氏の死去について、同氏を“国家的犯罪者”と蔑んだ上に、“全く悲報に当たらず”との誹謗中傷記事を掲載した。

同メディアは更に、同氏が未熟な台湾を籠絡して中国との分断を推進した“裏切り者”で、中国共産党の誰も“快く思っていない”と糾弾した。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.