テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

大坂なおみ選手等米在住のアスリートが東京オリンピックの2021年への延期決定を支持【米・フランスメデイア】

世界中で大きなスポーツイベントが中止・延期される中、予定どおりの開催が危ぶまれた東京オリンピックがついに2021年まで延期されることが決まった。4年に一度の大会に照準を合わせて鍛錬を積んできたアスリートにとっては、心・体ともにピークを維持するのが大変とみられる。しかし、今や世界最多の感染者を出すほど新型コロナウィルス感染問題が深刻化している米国在住の大坂なおみ選手等著名アスリートが、来年に向かって夢を持ち続けようと呼びかけている。

3月29日付フランス『AFP通信』:「大坂選手、東京大会延期は残念だが英断だと評価」

日本のスタープレーヤーの大坂なおみ選手が3月28日、東京オリンピックの延期は残念だが、現下の厳しい情勢から、安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)の英断を評価したいとツイートした。

22歳の元世界ランキング1位の同選手は、“スポーツは人々の心を繋ぎ、感動を与える力があるが、今は、深刻な感染症によって尊い命が奪われないように最善を尽くすことが優先される”とした上で、“それが正にオリンピック精神”だと表明した。...

全部読む

 

東京オリンピック;IOCと国際競技団体代表が協議の上、延期決定前に獲得していたオリンピック代表選手らに2021年大会出場枠を確約【フランスメデイア】

既報どおり、懸案となっていた2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が2021年に延期されることが漸く決まった。今後、大会組織委員会・東京都等は国際オリンピック委員会(IOC)と協議して、いつ開催するかのみならず、延期で発生する追加費用を誰が負担するかという難題も決める必要がある。一方、今夏の大会に照準を合わせてきた代表選手らも、果たして獲得していた出場枠が確保できるのかが非常に気になるところだが、この程、IOCが国際競技団体代表と協議して、延期決定前に獲得していた代表選手及び国に大会出場枠を確約することが決定されている。

3月27日付『AFP通信』:「2020年東京大会出場を確保していた選手に延期された2021年大会への出場枠確約」

2020年東京オリンピック・パラリンピック関係者は3月26日、『AFP通信』のインタビューに答えて、同大会延期決定前に出場権を獲得していた選手及び国に対して、2021年大会への出場枠が確約されたとコメントした。

IOCと各国際競技団体代表との間で、3月26日に持たれた電話会議の結果決まったもので、東京オリンピック出場全選手1万1千のうちの約57%がその対象となる。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.