テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

ブラジルのトランプと言われたボルソナーロ大統領;トランプよろしく新型コロナウィルスは軽いインフルエンザの一種と妄言【米・フランスメディア】

ブラジルのジャイール・ボルソナーロ大統領(65歳、元軍人)は、就任以来数多の強権発動を行い、ブラジルのトランプと揶揄された。同大統領はそれを気に入っているのか、本家の米大統領が、新型コロナウィルスなど機構が温かくなれば雲散霧消すると嘯いていたのと同様、依然、インフルエンザの一種だと断じて、大都市封鎖に踏み切る知事・市長らに対して、経済活動を復活させるよう檄を飛ばしている。なお、3月25日現在、新型コロナウィルス感染は世界172ヵ国に及び、感染者数43万6,159人(死者数1万9,648人)となっていて、ブラジルの感染者数は世界19位、かつ南米最多の2,271人(死者47人)と、感染程度が楽観できる程低い訳ではない(米ジョンズ・ホプキンス大学内研究機関集計データ引用)。

3月25日付米『ロイター通信』、フランス『AFP通信』:「ボルソナーロ大統領、新型コロナウィルスで“ヒステリー”になるなと国民に職場復帰を強要」

ブラジルのジャイール・ボルソナーロ大統領は3月24日、同国最大都市で新型コロナウィルス感染は拡大防止のための封鎖措置が取られる中、ウィルス禍に“ヒステリー”になることは止めて、雇用や家計を守るために職場復帰をするよう強く求める演説をした。

同大統領は演説の中で、リオデジャネイロとサンパウロの州知事及び市長に対して、ほぼ経済停滞となる都市封鎖の決定は言わば“戦時の焦土作戦”のようなもので、かかる愚かな政策を撤回するよう求めた。...

全部読む

 

米、国民に海外渡航中止と帰国を勧告 全世界の渡航警戒度を最高レベルに引き上げ

米国務省は19日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、全世界の渡航情報を危険度が最高であることを示す「レベル4」に引き上げるとともに、米国民に対し、全ての海外渡航の中止を勧告した。また、海外に滞在する米国民にも直ちに帰国するよう求めた。

多くの米メディアや『ロイター通信』『AFP通信』などが報じた。国務省は、「多くの国で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行しており、十分な事前通知がないまま、渡航制限や強制的な隔離、国境の閉鎖、外国からの入国禁止などの措置が導入されている」と状況認識を示した。その上で「海外への渡航を選択した場合、渡航計画に深刻な影響が及ぶ恐れがあるほか、米国外に無期限に留まるよう強いられる可能性もある」と指摘し、米国民に全ての海外渡航の中止を勧告した。...
全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.