テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

米議会トップが改めて中国に対し、新型コロナウィルス感染源の野生動物食習慣全面禁止を強要【米メディア】

米議会上院議員がこの程、改めて中国政府に対して、猛威を振るう新型コロナウィルス感染源と思しき野生動物を食用とする慣習(野味)を全面禁止するよう強く訴えた。そもそも、2002~2003年に流行った重症急性呼吸器症候群(SARS)などの病原ウィルスは野味対象のハクビシン等が宿主とされたにも拘らず、当該慣習の禁止・取り締まりは一時的措置に終わっていた。そして、今回、再びコウモリ等が宿主とされる新型コロナウィルス感染世界流行問題を引き起こしたと考えられるからである。

4月4日付『ザ・ウェスターン・ジャーナル』紙:「リンゼー・グラム上院議員、“コウモリを食する悪習を止めさせよ!”と中国政府に全面禁止を強く要求」

米上院司法委員会のリンゼー・グラム委員長(64歳、サウスカロライナ州選出共和党議員)は4月3日、中国政府に対して、今回の新型コロナウィルス感染世界流行問題を引き起こした発生源と思われる野生動物を食する悪習を全面禁止するよう求めると強調した。

『Foxテレビ』のニュース番組「ザ・ストーリー」のキャスターのマーサ・マッカラム氏(56歳)のインタビューに答えたもので、コリー・ブッカー上院議員(50歳、ニュージャージー州選出民主党員)及びクリス・クーンズ上院議員(56歳、デラウェア州選出民主党員)と連名で、中国政府及び世界保健機関(WHO)宛に要求書簡を送付したことを明らかにした。...

全部読む

 

大坂なおみ選手等米在住のアスリートが東京オリンピックの2021年への延期決定を支持【米・フランスメデイア】

世界中で大きなスポーツイベントが中止・延期される中、予定どおりの開催が危ぶまれた東京オリンピックがついに2021年まで延期されることが決まった。4年に一度の大会に照準を合わせて鍛錬を積んできたアスリートにとっては、心・体ともにピークを維持するのが大変とみられる。しかし、今や世界最多の感染者を出すほど新型コロナウィルス感染問題が深刻化している米国在住の大坂なおみ選手等著名アスリートが、来年に向かって夢を持ち続けようと呼びかけている。

3月29日付フランス『AFP通信』:「大坂選手、東京大会延期は残念だが英断だと評価」

日本のスタープレーヤーの大坂なおみ選手が3月28日、東京オリンピックの延期は残念だが、現下の厳しい情勢から、安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)の英断を評価したいとツイートした。

22歳の元世界ランキング1位の同選手は、“スポーツは人々の心を繋ぎ、感動を与える力があるが、今は、深刻な感染症によって尊い命が奪われないように最善を尽くすことが優先される”とした上で、“それが正にオリンピック精神”だと表明した。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.