テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【Globali】
 

欧州:大気中の放射性物質、ロシア又はカザフスタンでの事故か?

9月末から、ヨーロッパ14ヶ国において大気中の放射能汚染モニタリングでルテニウム 106が検出された。大気中の放射線測定と分析などを行う機関、フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は、9月末から10月末にかけての放射性物質の検知は、ロシア又はカザフスタンの原子力事故の可能性があるという調査結果を発表した。

ルテニウム 106は、人工起源の放射性核種で、原子力産業由来の核分裂生成物である。今回フランスで検知された量は、環境および健康には影響を与えない程度の少量ではあるものの、ルテニウム 106は、セシウム、ストロンチウム、プルトニウムなどと同じ規制の対象となっている放射性核種の一つである。

IRSNは、その発生原因について調査を進めたところ、ルテニウム以外の核分裂生成物、特にセシウムの放射性同位体は測定されなかったため、原子炉の事故という説を却下した。...

全部読む

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.