テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

トランプ大統領;部下らのベネズエラへの肩入れ過ぎに不満表明【米メディア】

米政権は、タカ派のマイク・ポンペオ国務長官、ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を中心に、ベネズエラ反米政権のニコラス・マドゥロ大統領打倒のために軍事行動も辞さない考えでいた。しかし、米国が推すフアン・グアイド国会議長(自称暫定大統領)が仕掛けたクーデターが失敗に終わったことから、“成功”や“成果”しか頭にないドナルド・トランプ大統領は突然、ベネズエラへの肩入れ過ぎに不満を漏らし始めた。この背景には、同大統領が、個人的には関係良好とするウラジーミル・プーチン大統領との電話によって、マドゥロ政権支援のロシア側の事情を忖度したことが考えられる。また、あくまでバラク・オバマ前大統領のレガシー潰しに思いを馳せるあまり、ベネズエラよりもイラン核合意を否定した上、対イラン政策に注力することが重要と考えたものとみられる。

5月8日付『ワシントン・ポスト』紙:「トランプ大統領、ベネズエラへの肩入れ過ぎに不満」

ドナルド・トランプ大統領は5月8日、自身の部下らが推し進める、ベネズエラへの肩入れ過ぎに不満を漏らした。

同大統領は、ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が推すフアン・グアイド国会議長による4月30日の蜂起が失敗に終わったことを受けて、反米主義者のニコラス・マドゥロ大統領追い落としが簡単に進められるとミスリードされたと表明した。...

全部読む

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.