テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

プーチン大統領;ロシアメディア・市民の抗議に屈し、反腐敗調査報道記者誤認逮捕を理由に警察幹部を解任【米・英国メディア】

ロシア警察は6月上旬、インターネットメディアの記者を違法薬物所持の容疑で逮捕した。しかし、同記者が反腐敗調査報道を行ってきたことから、警察によるでっち上げだとして、市民はもとよりロシアメディアも一斉に抗議の声を上げた。ロシア内務相が証拠不十分として捜査を打ち切り、同記者の自宅軟禁を解除したものの、市民らの不満は収まらず、モスクワ市内でのデモに発展した。ただ、香港で発生した雨傘デモの規模より遥かに少ないとは言え、反政府運動に広がることを恐れてか、ウラジーミル・プーチン大統領はこの程、警察幹部2名を解任して事態の鎮静化を図った。

6月15日付米『CNNニュース』:「プーチン大統領、抗議運動に困惑、但し、アラブの春ならぬモスクワの春は期待薄」

ウラジーミル・プーチン大統領が権勢を握ってから二十年近くが経つ。

しかし、同政権には、依然驚かされる事態が発生する。

すなわち、ロシア内務省が6月11日、6月上旬に麻薬不法所持で逮捕したジャーナリストのイワン・ゴルノフ氏を、証拠不十分で自宅軟禁を解除しただけでなく、同大統領が6月13日、この不祥事を理由として、モスクワ西地区のアンドレイ・プチコフ警察署長とモスクワ警察麻薬取締部のユーリ・デビャツキン部長を解任したからである。...

全部読む

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.