テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

ミャンマーの少数民族ロヒンギャになおジェノサイドの脅威;国連人権理事会調査団

ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題をめぐり国連人権理事会が設置した調査団は16日、ミャンマー国内にとどまる約60万人のロヒンギャは、同国軍によって今なお「ジェノサイド(集団殺害)」の脅威にさらされており、バングラデシュなど国外に避難した100万人近くの人々の帰還は、まだ不可能であるとの報告書を公表した。

『AFP通信』『ロイター通信』などが報じた。人権理事会が設けた独立調査団は昨年、2017年のミャンマー軍の行為をジェノサイドであったと断定し、ミン・アウン・フライン総司令官を始めとする軍幹部の起訴を行うよう求めた。

約74万人のロヒンギャが、焼かれた村を逃れ、国境を越えて隣国バングラデシュの難民キャンプなどに避難した。そこには以前から迫害を逃れた人々がおり、キャンプは膨れ上がっている。...

全部読む

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.