テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

南シナ海問題がアニメ映画にも波及;中国主張の“九段線”の地図が描かれているとの理由でベトナムに続きマレーシアでも上映中止【米・シンガポールメディア】

米中合作アニメ映画“アボミナブル(忌まわしい、不愉快な、の意。注後記)”が東南アジアで物議を醸している。映画の中で、主人公が眺める南シナ海の地図上に、中国が一方的に領有権を主張する“九段線”が描かれている。そこで、中国と領有権問題を抱える周辺国に反発が起きていて、先週のベトナムに続いて、マレーシアでも同映画の上映が見送られることになった。

10月20日付米『ロイター通信』:「アニメ映画“アボミナブル”、中国主張の地図の場面をカットせよとの命令に従わず上映中止に」

マレーシアの映画配給会社ユナイテッド・インターナショナル・ピクチャーズは10月20日、米映画製作大手ドリームワークスと上海在の映画製作会社パール・スタジオが共同制作したアニメ映画“アボミナブル”が、マレーシアでの上映が中止になったと発表した。

同社によると、マレーシアンの映画検閲委員会が先週、映画中に出てくる南シナ海の地図に、中国が一方的に領有権を主張する“九段線”が描かれていることから、同映画の上映条件として、そのシーンをカットするよう要求してきた。...

全部読む

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.