テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【Globali】
 

米ボーイングのパイロット、墜落した737MAX型機の欠陥を2016年に把握か

2度の墜落事故を起こした米航空機大手ボーイングの737MAX型機について、2016年に実施されたシミュレーター試験中に、同社パイロットが同型機の「失速防止システム(MCAS)」の問題を既に認識していた可能性があることが、18日に明らかになった。

『ロイター通信』『AFP通信』『ブルームバーグ』などのメディアが一斉に報じた。737MAXをめぐっては、昨年10月にインドネシアのライオン航空機が、そして今年3月にエチオピア航空機が相次いで墜落し、合計346人が死亡した。その後同型機は、世界中で運航を停止している。

737MAX型機の2度の墜落事故と米連邦航空局(FAA)が同型機に与えた認証について、米司法省や議会などによる調査が続いており、ボーイングのデニス・マレンバーグCEO(最高経営責任者)は今月29~30日、米議会上下両院の公聴会で証言するよう求められている。...

全部読む

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.