テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/04/21
NHK総合 【ニュース シブ5時】
<気になるニュースランキング>1位・北朝鮮・またミサイル発射
関連動画
北朝鮮、過去最大規模の砲撃演習実施 報道 N. Korea hails largest ever firing drill (再生)
北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は26日、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長が視察する中、過去最大規模の砲撃演習が行われたと報じた。前日の25日は軍創建85周年に当たる記念日だったことから、北朝鮮が6回目の核実験、もしくはミサイル発射を行うのではないかとの憶測が広がっていた。 KCNAは同国東部の元山(Wonsan)で行われた演習について、金委員長の指揮の下で「過去最大規模の砲撃演習に成功」したとし、攻撃機が爆弾を投下する中で「潜水艦が敵艦に魚雷攻撃を仕掛けるため、迅速に潜航した」と伝えた。 一方、米政府が朝鮮半島に向けて派遣した米原子力空母カール・ビンソン(USS Carl Vinson)は今週中に到着し、韓国軍との合同軍事演習に臨む予定となっている。 北朝鮮は同空母の展開について「あからさまな武力による脅し」であると主張し、「海に沈める」と警告した。映像は、平壌(Pyongyang)市内の巨大スクリーン。(c)AFP年4月27日 residents watch large screens showing North Korea hailing its largest-ever firing drill overseen by leader Kim Jong-Un to mark a key military anniversary amid high tensions in the region.チャンネル登録はこちらから://www.youtube.com/user/afpbbnews動画のお問い合わせはこちらから://www.afpbb.com/list/helpaboutsite/regist

北朝鮮が軍創建記念日 日米韓は核実験警戒 (再生)
北朝鮮は25日、朝鮮人民軍創建85年の記念日を迎えた。北朝鮮では5年ごとの節目が重視され、故金日成主席の生誕105年の15日には首都平壌で大規模な軍事パレードが行われた。日米韓は、25日の軍創建記念日に合わせて北朝鮮が6回目の核実験や弾道ミサイル発射実験を行う恐れもあるとみて、警戒を強化している。記事詳細://www.47news.jp/news/2017/04/post_20170425095903.html

平壌で「国防体育」大会 人民軍創建85年記念で (再生)
北朝鮮の首都平壌で23日、朝鮮人民軍創建85年(25日)を記念する高校生らによる「国防体育競技大会」が開かれた。日米韓などは北朝鮮が軍創建85年に合わせて核実験や弾道ミサイル発射に踏み切る恐れもあるとみて警戒を強めているが、平壌市内は休日で外出する家族連れが行き交い、公園で若者らがバレーボールに興じるなど、緊張感は薄かった。
関連記事
04/27(木)
(テレビ朝日[ワイドスクランブル])
米国空軍・大陸間弾道ミサイル発射実験
北朝鮮の動きをめぐって朝鮮半島の情勢が緊迫するなか、米国空軍はICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験を行なった。
ミニットマン3がカリフォルニア州の米国軍基地から発射され、実験は成功。
米国空軍は今回の発射は米国の核抑止能力の重要なアピールだと声明を発表。
現在のミニットマンシステムはいかなる挑発にも対応できると自信を見せている。
04/27(木)
(テレビ朝日[ワイドスクランブル])
緊迫!米国vs北朝鮮・水面下「サイバー」攻防戦
北朝鮮のミサイル発射実験失敗に米国のサイバー攻撃が関与しているのではないかと言われている。
慶應義塾大学大学院政策メディア研究科・土屋大洋教授によると米国のサイバー軍の関与として知られている事例は2010年のスタックスネット作戦。
米国とイスラエルが共同で仕掛けたと言われ、イランの核施設へのサイバー攻撃。
米国がサイバー攻撃の有無を認めたことは一度もない。
認めない理由はサイバー攻撃はいつ行なわれたかを明らかにすれば相手にとって次の攻撃を防御する為のヒントとなってしまう為。
ニューヨークタイムズ紙は3年前に米国の秘密作戦が加速してから、ムスダンの試験発射の成功は8回中1回だけ。
金正恩委員長は米国のスパイによる工作行為がなかったか調査するよう命じたと言われている。
国際ジャーナリスト・春名幹男は「確認は非常に難しい。
スタックスタットはインターネットを通じた攻撃ではないのではないか」とスタジオコメント。
オバマ前大統領、レーガン政権、ソ連に言及。
04/27(木)
(テレビ朝日[ワイドスクランブル])
緊迫!米国vs北朝鮮・水面下「サイバー」攻防戦
米国の大手インターネットセキュリティー会社・シマンティック社は北朝鮮のサイバー攻撃グループが世界各国の銀行から100億円以上も盗んだとする報告書を公表。
CNNなどによると北朝鮮は盗んだ金を弾道ミサイルや核開発資金に充てているとの見方もされている。
米国と北朝鮮の間ではサイバー戦争が始まっていると報じるメディアもある。
慶應義塾大学大学院政策メディア研究科・土屋大洋教授は「5000人から6000人ぐらいは北朝鮮の関係しているサイバー兵士がいると言われている」とコメント。
2010年に米国のサイバー軍が始動。
イランが核開発中止を怠ったとして核施設に対しサイバー攻撃し、核施設の遠心分離器に不正な操作を起こさせたと言われている。
北朝鮮にはコンピューターがほとんど普及していない為、サイバー攻撃を受けにくい特徴がある。
2014年には米朝のサイバー戦争の発端とも言える事件。
ソニーピクチャーズがサイバー攻撃を受けて北朝鮮によるものだと米国政府が名指しした直後、北朝鮮のインターネット全体が動かなくなった。
ニューヨークタイムズによると、オバマ前大統領が北朝鮮に対するサイバー攻撃のステップアップを国防総省に指示。
ミサイル発射実験の妨害が目的。
去年、北朝鮮の中距離弾道ミサイル試験発射は8回行なわれ、成功は1回のみ。
ニューヨークタイムズは金正恩委員長は米国のスパイによる工作行為がなかったか調査するよう指示したと報じている。
北朝鮮のサイバー攻撃の特徴は実際の攻撃部隊というのは必ずしも北朝鮮にいるわけではなく、オンラインでつないでいって大きなサイバー攻撃を組織化すればいいだけで、北朝鮮から行なわれている攻撃というのも必ずしもあるわけではない。
ホワイトハウスの映像。
資料映像。

テレビえんすぽ テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
注目ページ
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.