テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/05/19
TBSテレビ 【ビビット】
<きょうのハテナ?>話題・タクシー会社のシーン(新)サービスは…京都発・いろんな業種に拡大中?



関連動画
ススキノで飲んだ帰りに…ハイヤー組合 運転代行 7月で終了に 意外な理由は 赤字  札幌市 (17/06/27 20:05) (再生)
車で来たのに飲んでしまった。帰りは運転代行でという方、気になるニュースです。ススキノなどで運転代行をしていた札幌ハイヤー事業協同組合が、サービスを7月いっぱいで終了することを決めました。その理由とは? 。 52のタクシー会社が加盟する、札幌ハイヤー事業協同組合の運転代行。料金はどんなに遠くまで行っても、タクシー代プラス500円です。 札幌ハイヤー協会:「1時間くらいの待ちに…」 飲酒運転をなくそうと、30年前から始めたこのサービスを、7月いっぱいで終了する理由とは? 札幌ハイヤー協会 伊藤芳雄常務理事:「初年度は年間340万円の赤字。2005年からは、2000万円を超える赤字が続く」 実はこの運転代行、30年間一度も黒字になったことがありません。年間2000万円を超える赤字は、加盟する会社が負担してきました。さらに…。 札幌ハイヤー協会 伊藤芳雄常務理事:「代行員はピークの半分以下。時給を上げたが人手不足」 運転代行員の確保もままならないのです。時給を850円から1050円に上げても人手不足は変わらず、現在は8人のみ。依頼があってもすぐには対応できません。長い待ち時間が、客離れにつながりました。 赤字と人手不足で終了する運転代行。その背景にあるのは。 利用者:「民間の会社しか使わない」「(組合の運転代行は)料金が高いので使わない」「飲食店と提携している会社を利用する」 民間の運転代行業者の存在です。その数は年々増え続けていて、現在、札幌市内に89社。なかには、組合の半分の料金という会社もあります。これが赤字拡大の大きな原因となりました。 その他にも、組合の運転代行には不利な点があります。乗車できる地域がススキノと札幌市中央区の幌西地区に限られているのです。これ以外の場所から乗車する場合は、民間の会社を使うしかないのです。 飲酒運転をなくそうと始まった、組合の運転代行。民間との競争激化の末、7月、その役目を終えます。

テレビえんすぽ テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(全ジャンル)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.