テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/05/19
日本テレビ 【情報ライブ ミヤネ屋】
<NNNニュース>生中継・“共謀罪”法案・衆議院委員会で可決
関連動画
与謝野馨氏が死去 官房長官や財務相を歴任 (再生)
官房長官や財務大臣を歴任した与謝野馨さんが亡くなったことが分かりました。78歳でした。 与謝野さんは1976年の衆議院選挙で東京1区から出馬して初当選し、衆議院議員を10期務めました。その間、官房長官や財務大臣など自民党政権の中枢ポストを歴任しました。その後、自民党が野党時代の2010年に新党「たちあがれ日本」を結成するため、自民党に離党届を提出して除名処分を受けていました。2012年に病気療養を理由に政界を引退していましたが、4月30日に自民党は与謝野さんの党への復帰を了承し、7年ぶりに復党していました。

都議選告示まで1カ月 注目の千代田区では… (再生)
東京都議会議員選挙に向けて各党の公約も出そろい、いよいよ政策論争が始まろうとしている中、立候補予定者も活動を本格化させています。自民党と都民ファーストの2人の新人が立候補を予定している「千代田区」に注目しました。 千代田区から出馬予定の中村彩さんは今回、自民党の公認を得た中で最も若い27歳の候補予定者です。“都議会のドン”と呼ばれた51歳年上の内田茂議員の後継者としてこの選挙に挑みます。内田議員は「私の後継として素晴らしい候補者が誕生してくれた。大変うれしく思う」と語り、「ダイナミックで自分に似ている」として、ノウハウを伝えながら二人三脚で活動しています。 1つしかない千代田区の議席を何としても確保したい自民党はこの日も現役の大臣が応援に入りました。そして、中村さんの初めてとなる演説は、小池知事との対立姿勢の表明でした。中村さんは「ただただ言いなりになる都民ファーストの会とは異なり、私は内田先生にも自分のやりたいことや変えるべきことを常に言っている。権力に臆せず誰に対しても平等に接することができると思っている」と訴えました。 選挙戦では総裁の安倍総理大臣も応援に入る予定で、自民党の総力を挙げた戦いが繰り広げられます。◇ ◇ ◇ 21日、都民ファーストの会公認の樋口高顕さんは事務所開きの準備を進めていました。そこに現れたのは都民ファーストの会の特別顧問を務める小池知事です。候補予定者の事務所開きに小池知事が訪れるのはここが初めてです。小池知事は「私の大事な樋口高顕をよろしくお願いします」と支援を訴えました。 樋口さんは大学時代、当時衆議院議員だった小池知事の事務所でインターンとして政治を学んでいたことがあり、「しがらみのない改革」の重要性を知ったといいます。樋口さんは「当時からしがらみのない改革をしようと、そのためにはクリーンな政治をしなければいけないと。守るべきは守り、変えるべきは変えるということを学んだ」と語ります。 小池知事もまな弟子の応援に熱が入ります。都民ファーストの公認の中で最初に街頭演説に訪れ、「忖度(そんたく)に次ぐ忖度をやってきたのは自民党都連そのもの」だと訴え、対する自民党を批判して支援を求めました。 一方で、樋口さんは「小池知事人気」の中でどのように自分のカラーを打ち出していくかが課題だとしています。そのためには小池知事とのつながりのアピールよりも、地道に街を歩いて自分の思いを訴える考えです。樋口さんは「これから暑くなるので、半袖腕まくりで汗かきながら街を歩き回ると思う」と語りました。◇ ◇ ◇ 都議選にはこのほか共産党から37人、公明党から23人など現状でおよそ230人が立候補を予定しています。127議席を巡る争いがこれからますます激しくなっていきそうです。政治学者で国際医療福祉大学教授の川上和久さんによる解説です。
関連記事
05/27(土)
(BS朝日[激論!クロスファイア])
与野党激突!国会終盤戦の重要論点
「『総理の意向』記載文書?どうなる!加計学園問題」。
加計学園の獣医学部について、「官邸の最高レベルが言っている」「総理の意向」などと書かれた文部科学省のメモが出てきた。
文部科学大臣は「怪文書だ」としている。
前川前事務次官は週刊文春で「実際に存在した」と話した。
文科省内の文書要旨(獣医学部新設に係る内閣府からの伝達事項など。
朝日新聞を基に作成)をフリップで紹介。
自民党衆議院議員・山下貴司が「東京地方検察庁時代の偽メール事件を思い出す。
メモを前提に考えるのではなく、加計学園の問題については地方創生として正しいのかどうかも見なければいけない」、民進党衆議院議員・山尾志桜里が「総理の意向が働いたのかが大事」とスタジオコメント。
安倍内閣、前原議員、家畜、ペット、四国、瀬戸内、岡山、広島、石破元大臣、民主党愛媛県連、共謀罪、憲法、森友学園、週刊誌、民進党・政調副会長について言及あり。
05/27(土)
(BS朝日[激論!クロスファイア])
与野党激突!国会終盤戦の重要論点
「どうする!憲法9条改正。
自民党改憲案年内作成へ」「『読売新聞を熟読して…』安倍総理大臣発言に批判噴出」。
自民党衆議院議員・山下貴司が「いつまでも安倍政権が続くわけではない。
そういった中でやりたいという思いはあっただろう」、民進党衆議院議員・山尾志桜里のスタジオコメント。
長妻議員、予算委員会、参議院選挙、テレビ朝日の党首討論、憲法審査会、共産党、連立政権について言及あり。
05/27(土)
(BS朝日[激論!クロスファイア])
与野党激突!国会終盤戦の重要論点
「9条に自衛隊明記…安倍総理大臣憲法改正発言」「自民党改憲案年内作成へ」。
安倍首相は憲法記念日に集会でビデオメッセージで「東京五輪が開催される2020年に憲法を改正する。
9条1項、2項を残しつつ自衛隊を明文で書き込む」などと話した。
5月8日、民進党・長妻議員は国会(衆議院予算委員会)で「憲法審査会に対する裏切りになる」などと質問し、安倍首相は「自民党総裁としての考え方。
読売新聞を熟読して」と説明。
憲法9条現行憲法と自民党改憲草案の違い(朝日新聞を基に作成)、憲法改正憲法9条と自衛隊の合憲性をフリップで紹介。
自民党衆議院議員・山下貴司が「自衛権とは何か、自衛のためどこまで部隊を持てるのか、自衛のために日本は何ができるのか、憲法上明記する必要がある」、民進党衆議院議員・山尾志桜里が「安倍首相は『自衛隊を合憲化するのが使命だ』と言っている。
違憲の存在なのか」とスタジオコメント。
日本会議、共産党、天皇、東京都・小池知事、安全保障法制、自民党・石破議員、選挙、参議院、集団的自衛権、米国、憲法学者、警察、司法試験、日米、防衛について言及あり。

テレビえんすぽ テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.