テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/05/19
BS1 【国際報道2017】
特集・スリランカめぐり中国とインド綱引き
関連動画
スリランカ、洪水・土砂崩れで92人死亡 110人不明 Floods in Sri Lanka: Rescue workers search for survivors (再生)
雨期を迎えたスリランカでは、各地で記録的大雨に伴う洪水や土砂崩れが発生し、当局によると26日の時点で少なくとも92人が死亡、110人が行方不明になっている。 スリランカの災害対策当局によると、これまでに同国南部と西部の住民6万人以上が自宅から避難し、洪水や土砂崩れにより損傷または全壊した住宅は500棟近くに上っている。 スリランカは遠隔地の被災状況が明らかになってきたことを受け、国際的な支援を要請。隣国インドは、輸送船2隻分の緊急支援物資を提供するとともに、医療チームを派遣した。(c)AFP年5月27日 Lankan military rescue workers and villagers searched for survivors at the site of a mudslide in Bellana village in Kalutara on May 26 2017. Landslides and floods killed at least 25 people and left another 42 missing in Sri Lanka following heavy monsoon rains on May 26 the Disaster Management Centre said. IMAGESチャンネル登録はこちらから://www.youtube.com/user/afpbbnews動画のお問い合わせはこちらから://www.afpbb.com/list/helpaboutsite/regist
関連記事
05/27(土)
(NHK総合・東京[週刊ニュース深読み])
中国が台頭するとなぜ不安?ほんとにできるの?「一帯一路」
興梠一郎・神田外語大学教授は「もともとこの地域っていうのはカントリーリスクが高い地域」とスタジオコメント。
興梠教授によると、パキスタンとインドが領有権を揉めているカシミール地方があって、中国はパキスタンと仲がいい。
マラッカ海峡を通っていくと、そこは米国の影響下にある。
興梠教授は「インド洋なんていうのはインドが嫌がっている。
スリランカに入ってくるとか」とスタジオコメント。
神子田章博・NHK解説委員は「スリランカのコロンボという港にはいきなり中国の潜水艦が現れた」とスタジオコメント。
津上俊哉・現代中国研究家は、隣の国が急激に成長すると「戦争が起きちゃうということがままあった」とスタジオコメント。
金子貴俊、千秋のスタジオコメント。
愛知県、静岡県、神奈川県の視聴者のコメント文(NHKネットクラブアンケートより)。
視聴者のツイッターを紹介。
グラフィックレコーダー・山田夏子のスタジオ紹介。
紛争、テロ、環境問題、米国、エネルギー、安全保障、軍港、ドイツに言及。
05/27(土)
(NHK総合・東京[週刊ニュース深読み])
「一帯一路」中国の思惑は?
興梠一郎・神田外語大学教授は、一帯一路について「中国主導の世界秩序」とスタジオコメント。
中国・習近平国家主席は「協力とウィンウィンの新しいモデルを目指そう」とのコメント文。
神子田章博・NHK解説委員は「先進国がWTOを作ってきたが、要は進んだ国仕様」とスタジオコメント。
中国の一帯一路投資額は約5兆6000億円。
さらに今後5年間で約17兆円投資する。
一帯一路のお金は、AIIB(中国主導で設立)、シルクロード基金(中国独自で設立)から。
津上俊哉・現代中国研究家は、中国・北京の日本大使館に駐在経験がある。
津上は、一帯一路が「地に足の着いた話にシフトしてきた部分もある」とスタジオコメント。
神子田解説委員は、中国・新疆ウイグル自治区のホルゴス、カザフスタン・アスタナを取材したことがある。
ほか、一帯一路はロシア・モスクワ、ドイツ・デュイスブルク、中国・西安、重慶、スリランカ・ハンバントタを通る。
金子貴俊、千秋のスタジオコメント。
茨城県、埼玉県の視聴者のコメント文(NHKネットクラブアンケートより)。
視聴者のツイッターを紹介。
米国、知的所有権、新幹線、中国の鉄鋼業、予算、発電所、レールに言及。

テレビえんすぽ テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.