テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/05/19
NHK総合 【ニュースチェック11】
尖閣沖・中国のドローンか・自衛隊機が緊急発進
関連動画
延びる護岸、濁る海 辺野古埋め立て1カ月 一部ドローン撮影 (再生)
政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で埋め立てに着工して25日で1カ月となった。共同通信が24日、ヘリコプターで上空から現場を見たところ、護岸を形成する砕石の帯が波打ち際から沖に向かって約20メートルまで延び、海中が白く濁る様子が確認できた。

「ドローン特区」 東京・あきる野市で実験 (再生)
災害時の安否確認や救援物資の搬送にドローンを役立てようと、「ドローン特区」に認定された東京・あきる野市で実証実験が行われました。 集中豪雨で土砂災害が発生したという想定で、ドローンからリアルタイムで複数のモニターに映像を送り、孤立した地域がないか確認します。 実験に使うドローンは機体ごとに無線免許が必要で、発行に通常2週間ほどかかっていました。しかし「特区」は即日発行が可能になり、免許を取った機体にトラブルがあっても実験を中止せず、代わりの機体で実験できるようになりました。また、この実験には大型のドローンも登場しました。ペットボトルなどの支援物資が入った箱は遠隔操作で開くようになっていて、5キロの重さまで運べるということです。 今回は東京都とあきる野市、民間事業者の三者が連携して実験を行いました。民間事業者・スカイシーカーの佐々木政聡さんは「実際は災害時を想定した雨や風が強い日にこの試験を繰り返すことによって、画像がきちんと撮れるか試験をする必要がある」と話しています。 あきる野市などは実験の手続きが簡単になったことを生かし、今後、回数を重ねて技術力を向上させ、災害現場でのドローン実用化を目指すということです。
関連記事
05/27(土)
(BSジャパン[日経プラス10サタデー ニュースの疑問])
日本のテロ対策の現状は?
日本のテロ対策の現状について、拓殖大学・森本敏総長による解説(出入国管理を厳しくする、海域空域の警戒監視をきちんとする、国際刑事警察機構のデータを活用しながら国内にいる危険人物をフォローする、尖閣諸島に入ってきたドローンについて)。

テレビえんすぽ テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.