テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/07/18
フジテレビ 【みんなのニュース】
民進党・蓮舫代表会見・二重国籍・どう証明?
関連動画
民進・蓮舫代表が戸籍謄本を公表 都議選惨敗の党内不満緩和へ (再生)
日本と台湾との「二重国籍」問題を巡り、参議院東京選挙区選出の蓮舫民進党代表が会見し、戸籍謄本の一部などを公表しました。また、東京都連では東京都議会議員選挙での惨敗の責任を取るとした松原会長の辞任を正式に決めました。 蓮舫代表は会見で「本日、私がすでに台湾の国籍を有していないことが分かる戸籍の一部を含めた関連の資料を示した」と述べ、台湾の国籍がないことを裏付ける資料として戸籍謄本の一部などを公表しました。また、蓮舫代表は「私は民主党の代表、野党第1党の党首として私の発言の信頼が揺らぐことがあってはいけない。現政権に対して強く説明責任を果たすように求める立場であることを勘案して、戸籍の一部も含めた台湾籍を有していないことが分かる資料を公表した」と述べました。 蓮舫代表が資料の公開に踏み切ったのは、都議選の敗北で高まる党執行部への不満を和らげる狙いがあるともみられています。 都議選で5人の当選にとどまり議席を減らした民進党は、午前には東京都連も会議を開きました。会合で民進党東京都連の松原会長は「(都議選は)惨敗だったと思っている。その前の段階からの離党ドミノも含め、この戦いに勝利できなかったことを深く申し訳なく思っている」と述べました。都連の松原会長は都議選の結果の責任を取って会長を辞める意向を示していて、18日の会議で正式に受理されました。その上で、新しい会長を決める臨時の大会を9月7日に開くことを決めました。会合後、松原会長は「早くもう一回再出発を新しい人事でやった方がいいという声が強かった」と述べました。新しい会長が決まるまでは、長妻昭衆院議員が会長職を代行します。 民進党は、代表の問題の解決と都連トップの交代で、党勢の立て直しにつなげたい考えです。◇ ◇ ◇ また、自民党は東京都連の下村会長の後任を巡り、党の中でさまざまな思惑が交錯しています。都連の青年部は18日、緊急の会合を開き「開かれたプロセスで会長選挙をすべきだ」という強い声が上がりました。自民党都連の小松青年部長は「各地区で地方議員をやっているので、地域からしっかりと決め方のプロセスを広く周知して、みんなで決めていくという環境を作ってほしいという声が強かった」と述べました。今後は、自民党本部に正式な要請として提出していく見通しです。 現時点で次の都連会長に名前が挙がっているのは、都議選で小池知事を厳しく批判していた丸川オリンピック大臣と、日本新党時代に小池知事と関わりがあった鴨下一郎元環境大臣で、今後、内閣改造の動向も見ながら駆け引きが続きそうです。◇ ◇ ◇ 一方、自民党の幹部人事を「注視していく」としているのが都議会公明党です。公明党は今回の都議選を前に自民党との協力関係を解消し、都民ファーストの会と選挙協力しました。しかし、関係者によりますと国政の動きも踏まえて党内から「自民党との連携を復活させるべきではないか」という声も上がっているということです。 公明党は自民党の都連会長や都議会の幹部人事について注視し、今後の対応を検討する考えです。

蓮舫氏が日本国籍証明 戸籍開示「私で最後に」 (再生)
民進党の蓮舫代表は18日、台湾との「二重国籍」を解消したことを証明するため、日本国籍を選択したことを裏付ける戸籍謄本などの関連資料を公表した。記事詳細://www.47news.jp/news/2017/07/post_20170718183506.html

蓮舫氏が日本国籍を開示 (再生)
民進党の蓮舫代表は18日、党本部で記者会見し、日本と台湾の「二重国籍」解消を裏付けるものだとして、戸籍謄本の一部など関連資料を公開した。蓮舫氏はこれにより自身の二重国籍問題に区切りを付け、党の立て直しを急ぎたい考えだが、党内には対応の遅れに不満も出ており、収束は見通せない。【時事通信映像センター】映像素材の購入はこちらから https://www2.jiji.com/f/enq/form.php?pid=kiji
関連記事
07/24(月)
(BS11[報道ライブ INsideOUT])
執行部刷新?蓮舫おろしは?
自民党の歴史的惨敗の一方で、都民ファーストの会が大躍進した今回の都議選。
その陰で民進党は、選挙前の7議席から5議席と2議席減となった。
民進党・衆議院議員・松野頼久は「大惨敗だと思う。
各ブロック会議の中で皆意見を行っている段階である。
都議選は地方選で都議選が責任問題というわけではないと思う。
党内で遠心力が働いている状況なので、もう一度立て直して戦略を練り直さなければならない。
二重国籍問題は、党の代表が法令に違反しているかどうかの話である」とスタジオコメント。
政治アナリスト・伊藤惇夫は「代表が変わっても変わらないのではないか。
初期の段階で、説明が二転三転したのが非常に大きかった」とスタジオコメント。
資料:民進党への疑問1「なぜ蓮舫おろしは起きなかった?」、松野議員の発言(7月4日、7月11日)。

テレビえんすぽ テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
アクセスランキング
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.