テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/07/18
日本テレビ 【news every.】
<きょうコレ>調布・小型機墜落・重量オーバーか
関連動画
調布小型機事故から2年 運輸安全委「墜落原因は3つのミス」 (再生)
東京・調布市の住宅街に小型飛行機が墜落した事故から26日で2年を迎えます。事故を検証していた運輸安全委員会は、3つのミスが重なったことが事故の原因と考えられると発表しました。 2015年、男性5人が乗った小型機が調布飛行場から離陸直後、近くの民家に墜落して炎上し、機長や住民など3人が死亡しました。小型機が墜落してから間もなく2年がたとうとしていますが、現場の近隣住民からは「飛行機が通ると『何かあったらどうしよう』と思う時もある」「(飛行機が)落ちるというのは現実的ではない。事故から半年くらいまでは、飛行機が飛んでいると(心配で)空を見ていた」などと、いまだに不安の声が上がっています。 運輸安全委員会が出した事故原因の結論は、3つのミスでした。運輸安全委の中橋和博委員長は「事故原因については、離陸後間もなく速度が低下し、失速して墜落したものと推定している」と発表しました。 検証の結果、墜落した小型機は必要以上の燃料を積むなどして、離陸可能な重さを58キロオーバーしていました。また、速度も離陸に必要とされる速度を9キロ下回る135キロで離陸していました。その上、機長が高度を上げようと機首を上げ続けたことで空気抵抗が大きくなり、失速したと結論付けました。運輸安全委員会はこの3つの要因が重なり、事故に結び付いた恐れがあるとしました。 運輸安全委員会は今回の結論をまとめた報告書を石井国土交通大臣に提出し、自家用小型機の操縦士への指導を強化することなどを勧告しました。
関連記事
07/24(月)
(NHK総合・東京[首都圏ニュース845])
東京五輪開幕まで3年
2020年東京五輪の開幕まできょうで3年。
新国立競技場をはじめ各地で競技会場の建設が急ピッチで進んでいる。
予定された期間の約4分の1の工事が進んだ。
ボートとカヌーの会場・海の森水上競技場は堤防の設置や護岸の改修が行われている。
バドミントンと近代五種が行われる東京調布市・武蔵野の森総合スポーツプラザは完成間近。
大会運営には課題もある。
東京臨海部の選手村と競技会場の輸送では選手を運ぶバスのルートや観客、スタッフの輸送方法など詳細が決まっておらず警備態勢の検討に入れない状態。
片側2車線の環状2号線が築地市場移転延期により大会までに開通できなくなった。
再来年には大会を円滑に運営できるかどうか点検するテストイベントが控えていて、今後2年間の取り組みが鍵となる。
07/24(月)
(NHK総合・東京[ニュース7])
東京五輪まで3年・競技会場の現状は・責任者を前倒し配置へ
2020年東京五輪の開幕まで3年。
開会式が行われるメインスタジアム・新国立競技場。
建設工事が進められスタジアムの形が分かるようになってきた。
バドミントンと近代五種の武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京・調布市)、ボートとカヌーの会場の海の森水上競技場。
組織委員会は準備を加速する為、会場ごとの責任者を当初予定より1年以上前倒しして配置する。
小池知事に言及。
訂正あり。
07/24(月)
(NHK総合・東京[首都圏ネットワーク])
2020建設ラッシュ・東京大会まで3年
東京五輪のメインスタジアム・新国立競技場の建設が進む。
来月から地上部分の工事に取り掛かる。
一方、バドミントンと近代五種会場の武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京・調布市)が完成間近で11月に開業予定。
兵庫県から来た人のコメント。
本日の「news every.」...

テレビえんすぽ テレビすべて

アクセスランキング
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(全ジャンル)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.