テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
07/18 20:01
BSフジ 【プライムニュース】
民進党・蓮舫代表・二重国籍問題
関連動画
民進・蓮舫代表が戸籍謄本を公表 都議選惨敗の党内不満緩和へ (再生)
日本と台湾との「二重国籍」問題を巡り、参議院東京選挙区選出の蓮舫民進党代表が会見し、戸籍謄本の一部などを公表しました。また、東京都連では東京都議会議員選挙での惨敗の責任を取るとした松原会長の辞任を正式に決めました。 蓮舫代表は会見で「本日、私がすでに台湾の国籍を有していないことが分かる戸籍の一部を含めた関連の資料を示した」と述べ、台湾の国籍がないことを裏付ける資料として戸籍謄本の一部などを公表しました。また、蓮舫代表は「私は民主党の代表、野党第1党の党首として私の発言の信頼が揺らぐことがあってはいけない。現政権に対して強く説明責任を果たすように求める立場であることを勘案して、戸籍の一部も含めた台湾籍を有していないことが分かる資料を公表した」と述べました。 蓮舫代表が資料の公開に踏み切ったのは、都議選の敗北で高まる党執行部への不満を和らげる狙いがあるともみられています。 都議選で5人の当選にとどまり議席を減らした民進党は、午前には東京都連も会議を開きました。会合で民進党東京都連の松原会長は「(都議選は)惨敗だったと思っている。その前の段階からの離党ドミノも含め、この戦いに勝利できなかったことを深く申し訳なく思っている」と述べました。都連の松原会長は都議選の結果の責任を取って会長を辞める意向を示していて、18日の会議で正式に受理されました。その上で、新しい会長を決める臨時の大会を9月7日に開くことを決めました。会合後、松原会長は「早くもう一回再出発を新しい人事でやった方がいいという声が強かった」と述べました。新しい会長が決まるまでは、長妻昭衆院議員が会長職を代行します。 民進党は、代表の問題の解決と都連トップの交代で、党勢の立て直しにつなげたい考えです。◇ ◇ ◇ また、自民党は東京都連の下村会長の後任を巡り、党の中でさまざまな思惑が交錯しています。都連の青年部は18日、緊急の会合を開き「開かれたプロセスで会長選挙をすべきだ」という強い声が上がりました。自民党都連の小松青年部長は「各地区で地方議員をやっているので、地域からしっかりと決め方のプロセスを広く周知して、みんなで決めていくという環境を作ってほしいという声が強かった」と述べました。今後は、自民党本部に正式な要請として提出していく見通しです。 現時点で次の都連会長に名前が挙がっているのは、都議選で小池知事を厳しく批判していた丸川オリンピック大臣と、日本新党時代に小池知事と関わりがあった鴨下一郎元環境大臣で、今後、内閣改造の動向も見ながら駆け引きが続きそうです。◇ ◇ ◇ 一方、自民党の幹部人事を「注視していく」としているのが都議会公明党です。公明党は今回の都議選を前に自民党との協力関係を解消し、都民ファーストの会と選挙協力しました。しかし、関係者によりますと国政の動きも踏まえて党内から「自民党との連携を復活させるべきではないか」という声も上がっているということです。 公明党は自民党の都連会長や都議会の幹部人事について注視し、今後の対応を検討する考えです。

蓮舫氏が日本国籍証明 戸籍開示「私で最後に」 (再生)
民進党の蓮舫代表は18日、台湾との「二重国籍」を解消したことを証明するため、日本国籍を選択したことを裏付ける戸籍謄本などの関連資料を公表した。記事詳細://www.47news.jp/news/2017/07/post_20170718183506.html

蓮舫氏が日本国籍を開示 (再生)
民進党の蓮舫代表は18日、党本部で記者会見し、日本と台湾の「二重国籍」解消を裏付けるものだとして、戸籍謄本の一部など関連資料を公開した。蓮舫氏はこれにより自身の二重国籍問題に区切りを付け、党の立て直しを急ぎたい考えだが、党内には対応の遅れに不満も出ており、収束は見通せない。【時事通信映像センター】映像素材の購入はこちらから https://www2.jiji.com/f/enq/form.php?pid=kiji
関連記事
07/21(金)
(BS1[BSニュース])
民進・野田幹事長交代で最終調整
民進党の蓮舫代表は来週25日の両院議員懇談会で東京都議会議員選挙の統括を取りまとめる。
これに合わせて党の一新を図りたいとして党運営の実務をしきってきた野田幹事長を交代させる方向で調整に入った。
民進党は先の東京都議会議員選挙で選挙前より2議席減らして、5議席にとどまった。
選挙結果を総括するために開いた会合では、執行部の責任を明確にするため野田幹事長をはじめ執行部が交代すべきとの意見も出されていた。
蓮舫代表は当初秋の臨時国会前に役員人事を行い、野田幹事長は続投させたい考えだったが、執行部に対する党内の不満が表面化する中で野田幹事長の交代は避けられないと判断したとみられ、幹事長の交代が焦点となる。
一方安倍首相は内閣支持率が下落する中、昨夜岸田外相と2時間近く会談した。
会談では来月3日で最終調整を進めている内閣改造や自民党役員人事などをめぐり意見を交わし、岸田外相に今後の政権運営に協力を求め岸田外相は政権を支える考えを伝えたものとみられる。
岸田外相は安倍首相の後に政権を担うことに意欲をしめしており、内閣改造での処遇に注目される。
民進党本部、蓮舫代表、野田幹事長、安倍首相。
岸田外相の映像。
07/21(金)
(TBSテレビ[あさチャン!])
暗雲“首相の秘蔵っ子”稲田・スピード出世から一転…
内閣改造を前に稲田防衛大臣の辞任や罷免はあるのか。
稲田防衛大臣は郵政選挙で当時幹事長代理だった安倍首相に乞われて国会議員に。
その後当選3回で大臣ポストに。
自民党政調会長にも就任。
安倍首相が首相候補として持ち上げる場面もあった。
しかし歴史的な真珠湾訪問後に靖国神社を訪問。
日報問題で追及を受け安倍首相が答える場面もあった。
森友問題では“籠池の顧問弁護士を務めたことはない”と全面否定していたにも関わらず裁判への出廷が明らかになると“夫の代わりに出廷していた”と訂正。
都議選の応援演説では“防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい”と発言して撤回。
今月は九州北部豪雨で自衛隊が救助活動を続ける中、防衛省を不在にした問題が発覚。
そして南スーダンPKO日報隠ぺい問題。
時事通信社・田崎史郎特別解説委員は「内閣改造までに辞任される可能性があると思う」、政治アナリスト・伊藤惇夫は「予算委員会の前に辞任という可能性はゼロではない」とコメント。
民進党・蓮舫代表、辻元清美衆院議員、升田世喜男議員のコメント。
靖国神社、米国・ハワイの映像。
音声提供・共同通信。
07/21(金)
(NHK総合・東京[おはよう日本])
民進党・野田幹事長を交代へ・最終的な調整に入る
東京都議会議員選挙で、選挙前より2議席減の5議席にとどまった民進党。
選挙結果を総括するために開いた会合では、執行部の責任を明確にするため、野田幹事長はじめ執行部が交代すべきとの意見も出された。
民進党はこうした意見も踏まえ、来週25日予定の両院議員懇談会で選挙結果の総括を取りまとめることにしていて、蓮舫代表はこれに合わせて党の体制一新を図りたいとし、党運営の実務を取りしきってきた野田幹事長を交代させ、新しい幹事長を決める方向で最終的な調整に入った。
蓮舫代表は当初、秋の臨時国会前に役員人事を行い、野田幹事長は続投させたい考えだったが、執行部に対する党内の不満が表面化する中、野田幹事長の交代は避けられないと判断したと見られ、今後は幹事長の後任人事が焦点になる。

テレビえんすぽ テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.