テレビプレス
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2017/08/14
BS1 【ワールドニュース】
<フランス・F2>米国・バージニア州・白人至上主義抗議グループに車が突入



関連記事
08/19(土)
(TBSテレビ[報道特集])
北朝鮮のミサイルにどう対峙するのか
21日から米国と韓国の合同軍事演習が始まる。
米国と北朝鮮のトップ同士のチキンレースが続いている。
ここにきて米国・トランプ政権の足元・内政面の危機が外交面での強い姿勢を押さえるような方向に働いている。
一番大きな要因は米国・バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義団体の衝突事件。
米国・トランプ大統領の反応は差別を助長するような方向で、反発が広がり政権基盤が揺らいでいる。
バノン首席戦略官が解任される事態。
結果的に北朝鮮との緊張がゆるむ方向になっている。
気になるのはトランプ大統領の「戦争が起きるなら向こう側でやる。
大勢死ぬのは向こう側」との発言。
向こう側とは朝鮮半島、日本も含まれる。
発言の真意を日本政府は探ろうとしているのか、問い合わせているのだろうか。
軍部、共和党議員、朝鮮半島、アメリカンファーストについて言及。
08/19(土)
(フジテレビ[FNNみんなのニュース])
“辞任ドミノ”が止まらない・トランプ政権ついに・・・
トランプ政権の辞任が相次いでいる。
フリン大統領補佐官がロシアゲート疑惑で辞任、先月にはスカラムチ広報部長の起用を巡ってスパイサー報道官が辞任、プリーバス首席補佐官が事実上更迭。
さらにスカラムチ広報部長も解任された。
そしてついに最側近ともいわれえていたバノン首席戦略官も事実上解任された。
ホワイトハウスは18日にバノン首席戦略官の辞任を発表した。
バノンは大統領選で選挙対策トップを務め勝利の立役者となったバノンは極右保守系ニュースサイト「ブライトバート」の元会長で政権発足後にホワイトハウス入りした。
しかしトランプ大統領の娘婿・クシュナーと政策をめぐりたびたび対立してきた。
さらに今月南部バージニア州で起きた白人至上主義団体と反対派の衝突事件をきっかけに人種差別的と指摘されるバノンの解任を求める声が高まってきた。
一方バノンは古巣である保守系ニュースサイトに復帰した。
08/19(土)
(テレビ朝日[スーパーJチャンネル])
トランプ政権・実現の立役者“影の大統領”バノン解任
米国・トランプ大統領が影の大統領とも言われたバノン首席戦略官を解任。
バノンは白人至上主義支持するニュースサイト「ブライトバート」の元会長で大統領選挙で陣営の責任者。
入国禁止令やパリ協定離脱を主導していた。
保守政治活動会議の討論会の映像。
娘のイバンカ補佐官やクシュナー上級顧問ら穏健派との対立が取りざたされていた。
12日、バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者らと反対派との衝突で起きた死傷事件。
白人至上主義団体との関連が指摘されるバノンに一斉に批判の矛先が向けられた。
フリン補佐官はロシアとの事前接触が追及され2月に辞任。
スパイサー報道官は新広報部長人事で大統領と対立し7月に辞任。
プリーバス首席補佐官はオバマケア代替案がとん挫した責任で7月28日に更迭。
バノンはニュースサイトの会長職に復帰。
バノンは「トランプのために戦争をする。
相手は議会やメディア。
大企業にいる」一方で「我々が戦い勝ち取ったトランプ政権は終わった」と政権への失望感をにじませている。
FACEBOOK。
本日の「ワールドニュース」...

テレビえんすぽ テレビすべて

アクセスランキング
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビプレスの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.